唇を噛む癖 心理

唇を噛む癖のある人の心理とは

スポンサーリンク

唇を噛む癖がある人は多いものです。
その心理とは「ストレスを抱えている」と言われています。
人間は誰しもストレスが溜まってしまうと自律神経の中の緊張した時に優位に働く交感神経の働きが活発になってしまいます。
身体の筋肉を緊張させてすぐに何らかの事態に対応できるようになっているのですが、それによって口の周りの筋肉も緊張してしまうので無意識に唇にも力が入って唇の上下を押し当ててしまいます。
その状態よりもストレスがさらに強くなってくると唇を噛む癖になってしまいます。
唇を噛む癖が酷くなってくると、唇が見えなくなってしまうくらいに噛んでしまうこともあります。
さらにひどくなると唇ではなく歯を食いしばるようになるとも言われており、そのストレスは精神的なものが原因、肉体的な疲労感が原因の場合、どちらの場合もあると言われています。
原因がどちらにしても、唇を噛む癖は強いストレスを抱えているという心理状態であると言えるのです。
スポンサーリンク

唇を噛む癖は大人だけではなく子供にも現れます。
子供の唇を噛む癖の裏にある心理状態とは「親からの愛情不足」だと言われています。
子供の頃の唇を噛む癖は大人になって自尊心が育っていくとともに解決していくものだと言われていますが、いつまでも続いている場合にはしっかりと愛情を注いで子供の不安感を取り除くことが重要になります。
唇を噛む癖の裏側にある心理は「ストレスを抱えている」ということなので、癖を解消するには原因となっているストレスを解消することが有効です。
しかしそれらを解消できないからこそ唇を噛むことでストレスを発散しようとする心理が働いているものなので、原因がわからない場合には好きなことをしてストレスを解消するということを行っていきましょう。
また、心理的な面だけではなく唇を噛むことは唇の周辺に傷を作って炎症を引き起こし、頬や顔全体が腫れてしまうということにもなりかねません。
自分なりのストレス解消法を見つけ、やめることが出来るようにしましょう。
スポンサーリンク

関連ページ

目を細める心理には2つの方向性がある
話し中に目をこする癖、心理について
唇を噛むしぐさと我慢の感情、ストレスとの関係
目を細めるしぐさで表現される心理とは
人の唇を触る癖と心理
唇に触れるしぐさは、愛情を求めた心理状態にあります
男性がリップクリームを塗るときは、心理的なキスの欲求が含まれる
唇の皮をむく人はストレスと欲求不満の表れ
目を閉じるままで話を聞く癖について
目鼻口の癖に関する行動で、現在の心理状態を読み解けます
目をそらす癖をもつ人の心理状態は辛い経験なども影響します
目をこする仕草の裏に隠された心理とは
視線やしぐさであなたへの関心度がわかる恋愛心理
まばたき癖は緊張&気まずい心理の表れかその理由をさぐる
瞬きが多い人に隠された心理とは
眉を触る癖や行動と心理について
上目遣いで話す癖の心理について
鼻触る癖のある人の心理状態
鼻をつまむ時の心理と落ち着かない状況の関係
鼻糞を食べる癖の原因と心理状態について
鼻をつまむ仕草に隠された心理とそのような癖を持つ人の性格
鼻をすする心理と癖について
鼻がよくピクピク動く人の心理
鼻をこする時に関係する人間の心理とは
小鼻の横を指でかく癖は心理状態に恥ずかしさなどがあります
唇の皮をむく癖の原因と治療法
唇を舐める癖を持つ人の心理
唇触癖でわかる欲求行動と行動の心理
眉をひそめるしぐさや癖をもつ心理状態は、疑いの気持ちがあります
口元に手を当てる癖に隠された心理とは
口の中を噛む癖と集中したい心理
口を動かさず話す癖がある人の心理
口元を触る癖がある人の心理について
ついついしてしまう舌打ちの癖を直す
舌を出す癖の治し方は、自分の心理状態にも方向性をもたせる事です
歯を食いしばる癖がある その原因とは
飴を噛む人に多い性格