唇の皮をむく癖 原因

唇の皮をむく癖の原因と治療法

スポンサーリンク

何気なく無意識のうちに、血が出るまで唇の皮をむく癖を行う人がいます。
これは、「自傷性皮膚症」や「強迫性皮膚摘み取り症」と呼ばれこれらは強迫性障害の一つに当てはまります。
自分の意思に反して唇の皮をむく癖がやめられない、何度も何度も繰り返してしまうというのがその証拠です。
髪の毛を無意識のうちに抜いて脱毛症になったり、爪を血が出てしまうほどむしったりというのも唇の皮をむく癖と同じように強迫性障害の一つです。
これらの原因は、いくつかありますがその一つが「ストレス」によるものです。
家庭や仕事場などの人間関係でストレスを感じていたり、環境が大きく変わってしまうと人はストレスを受けます。
このようなストレスが原因で、強迫性障害を引き起こすことがあるのです。
また幼少期などに虐待や親との接し方などで大きなストレスを抱えることも、この障害の原因となります。
幼少期に十分な愛情を与えられていない人は、セロトニンが分泌されにくい脳になるからです。
スポンサーリンク

セロトニンとは、脳の神経伝達物質で人の感情に大きな影響力のある物質です。
セロトニンが分泌されると満足感を感じたり、心の落ち着きなどをもたらすことが出来ます。
しかし、セロトニンが不足するとうつ病を引き起こしたり精神のバランスが崩れる原因となってしまうのです。
このセロトニンのバランスが乱れることにより、上手に脳へと伝達されないため強迫性障害を引き起こす原因となるといわれています。
それらが如実に現れるのが、唇の皮をむく癖などの自傷行為なのです。
ですから、唇の皮をむく癖を治療するには原因であるストレスを解消し、セロトニンの物質を促すことが大切になります。
唇の皮をむく癖の治療は、心療内科や精神科などで受けることができます。
治療方法には薬物を使用するものや、認知行動療法などがあります。
セロトニンを薬によって取り込むのが薬物療法の特徴で、認知行動療法は唇の皮をむく癖を強制的に我慢することを続けて改善する治療方法です。
スポンサーリンク

関連ページ

目を細める心理には2つの方向性がある
話し中に目をこする癖、心理について
唇を噛むしぐさと我慢の感情、ストレスとの関係
目を細めるしぐさで表現される心理とは
人の唇を触る癖と心理
唇に触れるしぐさは、愛情を求めた心理状態にあります
男性がリップクリームを塗るときは、心理的なキスの欲求が含まれる
唇の皮をむく人はストレスと欲求不満の表れ
目を閉じるままで話を聞く癖について
目鼻口の癖に関する行動で、現在の心理状態を読み解けます
目をそらす癖をもつ人の心理状態は辛い経験なども影響します
目をこする仕草の裏に隠された心理とは
視線やしぐさであなたへの関心度がわかる恋愛心理
まばたき癖は緊張&気まずい心理の表れかその理由をさぐる
瞬きが多い人に隠された心理とは
眉を触る癖や行動と心理について
上目遣いで話す癖の心理について
鼻触る癖のある人の心理状態
鼻をつまむ時の心理と落ち着かない状況の関係
鼻糞を食べる癖の原因と心理状態について
鼻をつまむ仕草に隠された心理とそのような癖を持つ人の性格
鼻をすする心理と癖について
鼻がよくピクピク動く人の心理
鼻をこする時に関係する人間の心理とは
小鼻の横を指でかく癖は心理状態に恥ずかしさなどがあります
唇を舐める癖を持つ人の心理
唇を噛む癖のある人の心理とは
唇触癖でわかる欲求行動と行動の心理
眉をひそめるしぐさや癖をもつ心理状態は、疑いの気持ちがあります
口元に手を当てる癖に隠された心理とは
口の中を噛む癖と集中したい心理
口を動かさず話す癖がある人の心理
口元を触る癖がある人の心理について
ついついしてしまう舌打ちの癖を直す
舌を出す癖の治し方は、自分の心理状態にも方向性をもたせる事です
歯を食いしばる癖がある その原因とは
飴を噛む人に多い性格