嘘ばかりつく癖 心理 原因

嘘ばかりつく癖がある人の心理とその原因とは

スポンサーリンク

人を喜ばせるために貰ったものが必要なくても「すごく嬉しい、欲しかったの」と言ってしまったり、つい話を面白おかしくしようと思って誇張して話してしまうようなことは多くの人が経験あるかもしれません。
これらの嘘は人間関係を円滑にしようとする心理からくる嘘で、仮に嘘だとバレても問題のない嘘です。
しかし、いつも理由もなく明らかにバレバレな嘘ばかりつく癖がある人も中には存在します。
最初は本当にその人の話を信じてしまうかもしれませんが、付き合いが長くなると次第に「あ、また嘘ついてるな」と分かるものです。
周囲に嘘をついているのがバレたところで止めてくれればいいのですが、本人が治したくても嘘ばかりつく癖はなかなか治らないものです。
嘘ばかりつく癖はなぜ治らないのでしょうか。
そこで、嘘ばかりつく癖の心理と原因をみていきたいと思います。
周囲にこういう人がいる人も、「これは自分のことだ」と自覚がある人も対処法を学んでおきましょう。
スポンサーリンク

嘘ばかりつく癖のある人のことを「虚言癖がある」なんて言いますが、これは俗称で、病名としては「虚偽性障害」というものが当てはまります。
また、統合失調症でも虚偽の発言をすることがありますが、こちらは嘘をついている自覚がない場合があり、他にも症状が出ます。
単に嘘ばかりつく癖がある場合は虚言癖、虚偽性障害と言えるでしょう。
虚言癖に陥ってしまう心理と原因としては、「自分を実物以上に大きく見せたい」、「隠したいことがある」、「注目を浴びたい」というような心理が大きな原因となっています。
「自分を実物以上に大きく見せたい」ために嘘をつく人は、プライドが高かったり、逆に自信がないことが原因です。
今の自分に不満があるため、嘘をつくことで周囲の賞讃を得て、虚栄心を満たしたり、自信をつけようとする心理が働いています。
「隠したいことがある」ために嘘をつく人は、秘密を守るために嘘をつき始めますが、嘘を嘘で塗り固めていくようになり、嘘をつくことに抵抗がなくなってしまいます。
「注目を浴びたい」ために嘘をつく人は、幼少期に寂しい思いをしたことなどが原因で、嘘をついてでも自分に構って欲しい、という心理があります。
どの原因も自分勝手なものですから、周囲の人にとっては迷惑です。
しかし、「また嘘ばかり」と注意しても治りませんから、「へーすごいね」「そうなんだ」と適当に相手をして深入りしないことが一番です。
スポンサーリンク

関連ページ

頭をふるしぐさの癖がある人は否定的な思考を持っている証拠
服の胸元をつかむ、襟をつかむ癖の心理状態は不安があります
後ろから抱きつくのは、心理状態に独占欲が存在します
顔に触るしぐさや表情で性格や心理状態を読み解けます
知らない友達の話ばかり話するような人の心理とは何か
ストーカ-気質で虚言症の人の心理
嘘をつく癖がある人の心理
自嘲癖の意味について
嘘ばかりつく癖の原因と話がしたい心理
電話の時に髪の毛を巻き付ける人
話したくない時にしてしまうサインやしぐさとは
男女の考え方の癖からわかる感情と心理
好き避け癖の行動パターンと恋愛心理
口癖がうつる心理について
彼に恋愛スタイルがあるデートコースでは、恋愛心理も働いています
結婚が近づく時に怖気づくしぐさと恋愛心理について
年上好みと年下好みの恋愛心理について
恋多き人は、一目惚れで瞬間湯沸器の様な恋愛を始めます
自分の気持ちがわからず占いを頼る人の心理と無責任な意見への対応
現実の恋に興味なしで主人公に恋する癖がある人について
ゲームに夢中やコレクションに夢中になる背景に存在する少年心理
新しい物を欲しがる性質と我慢ができない心理について
ほしい物を手に入れたがる人の恋愛心理
下から目線の話し方をする心理状態は自信に欠けている事があります