髪 触る 癖

髪を触る癖に隠された心理

スポンサーリンク

誰もが一つや二つ癖と呼べるものを持っていますが、それらは自分では自覚していないことも多く、人に指摘されて初めて自分にそんな癖があるのかと驚くこともあるでしょう。
癖は無意識に行っているものだからこそ、そこには隠されたその人の心理というものが読み取れるのです。
人の癖としてよく目につくものに、自分の髪を触るというものがありますが、ここからも心理を読み解くことが可能です。
髪を触る心理には、性別や状況によっていくつかパターンがあります。
まず一つには、自分を良く見せたいという気持ちがある場合があります。
気になる異性の前であったり、あこがれている人の前にいる場合、自分の身だしなみが気になるものです。
これと同じことでよく髪を触る人は、人からよく見られたいという願望が強いと言えます。
女性の場合触るのではなくかき上げるという癖がある人がいますが、これは特に興味のある男性に対するアピールを無意識に行っている可能性が高いです。
自分に対する興味を持ってほしいという心理とも言えます。
スポンサーリンク

髪を触る癖としてもう一つには、緊張を隠したいという気持ちが働いている場合があります。
人は緊張している時や不安に感じている時、自分を守ろうという防衛本能が働きます。
そうすると頭やお腹といった生命維持に重要な部分を守ろうと、無意識に手を触れてしまいがちです。
つまり緊張や不安から体を守ろうという意識が働いて、頭や髪を触る場合があるのです。
緊張するとお腹を触るというのと同じ事が言えます。
また、髪を触る行為がマイナスな感情を表している場合もあります。
それは人と話している最中などで、退屈や嫌悪感を感じているケースです。
先述のように緊張や不安を感じている場合もそうですが、退屈や嫌悪感もそれらと同様に精神的なストレスとなります。
そうしたストレスから逃れたい、またそうした感情を抑えたいという心理が働いて、誰かと話している最中に退屈や嫌悪感を抱いている際に髪を触ってしまうのです。
自分を良く見せたいという場合と違い、相手を見ていなかったり相手よりも自分の髪に集中してしまっていたり、といった具合に相手に対して興味がないという態度も同時に出ているケースが多いです。
スポンサーリンク