異性と腕組み 心理 癖

異性と腕組みする癖のある人の心理

スポンサーリンク

異性と腕組みする癖がある人、というのはそんなに珍しくありません。
 これを行う人の心理状態としては、親しい間柄にある異性がいることを、多くの人にアピールしたい、というのがあります。
 これは性格的に目立ちたがり屋の人に当てはまる話です。
そういう人は服装も派手なことが多いので、周囲にいる人もその心理状態を何となく察することができます。
 異性と腕組みする癖のある人としては、相手が異なる性別の持ち主でも気にしない、というのがあります。
 これは友達と腕組みをしているだけだ、と考えているパターンです。
 こうした心理状態になる人の多くが、からりとした性格の持ち主だとされています。
男女を問わずに友達が多いため、異性と腕組みしながら歩いても、周囲の目が気にならないのです。
 そのため、これを癖にしている人は、人懐っこいとも言えます。
 癖とはその人の心理状態を表すものなので、周囲の人間関係の把握に興味のある人は、まず観察することから始めましょう。
スポンサーリンク

 異性と腕組みする癖のある人の心理としては、相手のことを自分のものだけにしたい、と考えていることもあります。
 これは物理的に絡め取ることで、目的を達成した気持ちになる、という面もあります。
 このタイプの癖を持つ人は、寂しがり屋が多いと言われています。
誰かと直接的な繋がりを持つことで、心理的な安定を求めているのです。
 異性と腕組みする理由としては、身体を密着させることで、相手との距離を詰めたい、と考えている、というのもあります。
 これは男女共に、接触する回数が多い相手にこそ親近感を感じる、という人間心理を利用したものです。
 ある意味で計算高いとも言えますが、双方の理解や同意の上で行われているのであれば、何ら問題はありません。
 このように、異性と腕組みする癖を持つ人と一口に言っても、その理由は様々なのです。
 このため、相手が何故それをしているのか気になるのであれば、性格や普段の行動から確認する必要があります。
スポンサーリンク