知らない 友達の話ばかり 話する 心理

知らない友達の話ばかり話するような人の心理とは何か

スポンサーリンク

人の話を聞いていて、その人の友達の話をされることもときにはあるでしょう。
自分にとってはその友人は知らない人でもあるのですが、こういう場合友達の話ばかりをされてしまうとなんだか退屈に感じてしまうものです。
その理由は、その友達は自分にとっては知らない人であり、その友達との話をたくさんされても反応に困ってしまうからです。
しかし、なぜ知らない友達の話ばかりを話するのでしょうか。
聞いている人にとってはうんざりしてしまうため、その人の心理が知りたくなってしまいます。
まず、知らない友達の話ばかり話する人は、友達の数が多いことや、自慢の友達をアピールしたいからです。
自分は友達が多い方だから人気者、才能のある友達を持っているなど、聞いている相手に凄いと思ってほしいという心理があるためです。
こういう人に限って、実際は友達の数が少なかったりします。
また、友達が少ない人は、貴重な友達と過ごした時間が嬉しくて、ついついそれを誰かに話たくなるのです。
友達が多い人にとってはそれほど大きなことではありませんが、少ない人の場合は嬉しさが倍増してしまう心理が働いてしまいます。
スポンサーリンク

他にも、知らない友達の話ばかり話する人は、話題がないためにしてしまう場合もあります。
友達の話はいい意味で話題作りにもなり、これを多用していれば会話が途切れる心配もありません。
つまり、話題作りにかけてしまうような場合に、友達の話をしていれば何とかなると思っているような心理があります。
しかし、こればかり話するような場合は、さずがに別の話題をふらなければ相手も疑問に感じだします。
もっと会話の内容を追究したり、相手を退屈させない話題作りを考えていく必要があるのかもしれません。
知らない友達の話ばかり話するような人は、聞き役の相手に配慮が足りません。
友達の自慢や楽しさをアピールするために集中しているので、目の前の人には目が向いていないのです。
こうした自慢をしたい人の心理は、寂しがり屋で嫉妬深い傾向にあります。
また、自分の会話力に自信が持てないので、友達の話でごまかそうとする心理も見えてきます。
以上から、知らない友達の話ばかり話する人の心理は、自信のなさがあらわれている証拠でもあるのです。
スポンサーリンク

関連ページ

頭をふるしぐさの癖がある人は否定的な思考を持っている証拠
服の胸元をつかむ、襟をつかむ癖の心理状態は不安があります
後ろから抱きつくのは、心理状態に独占欲が存在します
顔に触るしぐさや表情で性格や心理状態を読み解けます
ストーカ-気質で虚言症の人の心理
嘘ばかりつく癖がある人の心理とその原因とは
嘘をつく癖がある人の心理
自嘲癖の意味について
嘘ばかりつく癖の原因と話がしたい心理
電話の時に髪の毛を巻き付ける人
話したくない時にしてしまうサインやしぐさとは
男女の考え方の癖からわかる感情と心理
好き避け癖の行動パターンと恋愛心理
口癖がうつる心理について
彼に恋愛スタイルがあるデートコースでは、恋愛心理も働いています
結婚が近づく時に怖気づくしぐさと恋愛心理について
年上好みと年下好みの恋愛心理について
恋多き人は、一目惚れで瞬間湯沸器の様な恋愛を始めます
自分の気持ちがわからず占いを頼る人の心理と無責任な意見への対応
現実の恋に興味なしで主人公に恋する癖がある人について
ゲームに夢中やコレクションに夢中になる背景に存在する少年心理
新しい物を欲しがる性質と我慢ができない心理について
ほしい物を手に入れたがる人の恋愛心理
下から目線の話し方をする心理状態は自信に欠けている事があります