爪を触る癖 性格 心理

爪を触る癖の背後にある性格や心理について

スポンサーリンク

癖というものは多かれ少なかれ誰にでもあるものです。
子供の頃の癖を大人になっても引きずっている人は多くいます。
これは無意識のうちに出てしまうので、直すことは難しいと言えます。
そんな癖の背景には様々な心理や性格が隠れています。
例えば爪を触る癖が仕草として表面化するのは、緊張・退屈・ストレスなどにさらされた場面です。
これはすなわち、感情の揺れ動きを表現しているのです。
爪を触る癖と言っても特に多いのは、爪をただ触るだけでなく噛んだりそのまま?み千切ってしまうものです。
このようなことをすれば、当然爪の形は乱れたり、ガタガタになったりします。
変形した爪は他人から見られた時に良い印象を与えません。
そればかりか、噛んだところの皮膚が露出すれば化膿してしまうこともあるので、直すに越したことはありません。
しかし「今日から爪を触る癖を直すぞ。
」と意気込んだところで、直るものではないのです。
肉体的に無理矢理矯正しようとせずに、心理面から攻めて行くのが最適です。
そもそも何故自分には爪を触る癖があるのかという点を追求します。
背景にある性格や心理を明確にして、そこから改善して行くことが重要です。
スポンサーリンク

基本的に爪を触る癖がある人は、神経過敏な性格を持っています。
デリケートで繊細、他人のちょっとした言動にも過剰に反応し傷ついてしまう性格の人が多いです。
爪を触る癖には緊張や苛立ち、精神的不安定、寂しさ、不安などの心理が表れています。
また、頭脳明晰で物事の先を見据えて行動しがちな性格もあります。
必要以上に物事を分析し過ぎて疲れてしまうのです。
このような心理状態になると、極端に落ち込んでしまうか、もしくは逆に相手に対して攻撃的な態度をとることがあります。
爪を触る癖がついてしまう理由としては、幼少期に親との関係が良くなかったことや、育った環境が良くなかったことなどが挙げられますが、これらが全てではありません。
しかしいずれにせよ、落ち込みやすい性格の人は自分がいかに楽になれるかという方法を模索して心理的ストレスから解放されることが一番です。
そのためには一度自分の気持ちを清算・整理してみましょう。
また、自分自身あるいは他人の手を借りて自分という人間を客観的に見直す方法も有効です。
スポンサーリンク