つくり笑い 表情 心理

つくり笑いの表情は、心理状態をつくっているともいえます

スポンサーリンク

気持ちは、心の奥に存在するものですが、顔に気持ちが出てしまう時があります。
人によっては、顔に気持ちが表れ易いという人もいますので、対峙する人が心理状態を読み取る事も可能にします。
 つくり笑いをしている時でも、目が笑っていない場合は、特に距離が近いと表情に気持ちなどが表れたのがわかり易くなります。
つくり笑いをしているのに、目の表情が笑っていないのは、何かしらの理由があると推察されます。
例えば、心理状態に、相手、あるいは複数の相手に、納得ができていない場合があります。
取り敢えず、その場の雰囲気を壊さない配慮があると読み取れます。
しかし、人によっては、目が笑わずに、つくり笑いを浮かべるのがクセになってしまっている場合もあります。
その場をやり過ごすには、つくり笑いの表情であっても示しておいて、自分の心の中は裏腹な心理状態などもあります。
目は口ほどにものを言う、という表現がある様に、目の表情は、その人の心理状態を如実に表す事が多くあります。
 スポンサーリンク

 つくり笑いの表情は、口元でも表現する事ができます。
口元だけを笑って見せる女性なども存在します。
職場などでは、仕事を通じた人との付き合いなどが生じる事は多くあります。
面識ができると、目があった時に、つくり笑いを口元に浮かべる人もいます。
女性の場合には、男性よりも笑顔を周囲に見せる場合も多くありますが、ちょっとした挨拶程度の心理状態と推察されます。
つくり笑いの表情を相手に示す事によって、関係性をスムーズに運んでいます。
あなたを知っていますよ、という軽い気持ちをもつ心理状態でもあります。
 つくり笑いの表情は、短時間で終わる場合、相手や周囲を一瞬驚かせる事もあります。
余りにも表情の変化が速く、心情とのバランスに、相手や周囲の人が違和感を覚えるからです。
本人の心理状態は、その場で焦りを感じている、会話の内容に戸惑っている可能性があります。
本人は、周囲が違和感を感じている事に、気づいていない場合もあります。
スポンサーリンク