出社したくない ストレス性 出社困難症

出社困難症とは、出社したくないというストレス性の病気

スポンサーリンク

あなたの周りにも、突然出社しなくなった社員がいるのではないでしょうか。
それは、出社困難症かもしれません。
そして、それはあなたにもかかりうる病気ということを理解し、予防法を学習しておきましょう。
ここでは、出社困難症の特徴やなりやすい人、解決法までご紹介します。
この病気は、ストレス性のものです。
重い病気などにかかっているわけではないのに、出社したくないというストレス性の感情から、会社に行けなくなるという特徴があります。
出社時間が迫ると、頭痛や腹痛が起こります。
他には、通勤電車に乗れなくなったり、会社の目の前までは行けるのに、社内に入れないというケースもあります。
これらは、出社したくないという身体の防衛反応から起こるものです。
次に、なりやすいタイプの人は真面目な人です。
完璧主義で、責任感の強いタイプもなりやすいと言えます。
勤続年数が増えると、責任も増えるため、急に出社したくないと思うようになり、出社困難症になるケースもあります。
また、女性は仕事だけでなく、家庭との両立からストレス性の出社困難症になりやすいと言えます。
スポンサーリンク

出社困難症の解決法としては、出社したくないというストレス性の感情を軽減させることです。
まず、他の社員とのコミュニケーションをとりましょう。
この病気になりやすい方は、他人とのコミュニケーションをとることを苦手とする方が多いのです。
そこで、全てを一人で抱え込まず、他人に話すことでストレスを軽減させていきましょう。
さらに、仕事を完璧にこなそうと思わないことです。
誰にでもできる仕事量は限られています。
そこで、仕事量が多い時は、誰かに頼ることも上手な仕事との付き合い方なのです。
数人で行うことで、結果として効率が良くなる場合が多いのです。
出社したくないとなる前に、誰かに頼ることも覚えましょう。
そして、休日は仕事の事を考えず、リラックスして過ごしましょう。
出社困難症はストレス性のものなので、ゆっくりと休むことも大事です。
また、長引く場合は、心療内科に通うのも一つの方法です。
専門家がサポートしてくれるので、出社したくないというストレス性の感情を根本的から解決してくれるでしょう。
スポンサーリンク