しぐさ うつる 同じ行動 性格

しぐさはうつる、同じ行動と性格について

スポンサーリンク

しぐさとは、癖やついしてしまうことを言い、あぐらをかいたり貧乏ゆすりなどを言います。
そんなしぐさですが、うつることがあり、同じ行動を取り、性格も似てくることがあります。
しぐさがうつると言うことは、仲がとてもいい証拠でもあるので、嫌いな人同士ではうつることはありません。
同じ行動を取るということなので、双子に思われたりはたから見たらとても微笑ましく思われます。
性格も似てくるので、おしとやかな性格であればおしとやかに、明るい性格であれば明るい性格になります。
同じ行動を取ると言うことは、相手を認めていることにもなるので、承認欲求が満たされます。
満たされると、満足したり開放感に包まれることがあります。
しぐさが嫌で治そうとすれば治そうとするほど悪化していくので自然の力に任せて治すようにするのが一番適切です。
しぐさがうつると同じ行動を取りがちですが、決して嫌いな人にはうつらないので友情を深めることができます。
スポンサーリンク

同じ仕草や同じ行動をとるので話の種にもなります。
今同じ行動になってたね、お互い似てるねなど笑い話になることができます。
風邪はうつると言いがちですが、しぐさもうつる事があるので、うつせるだけうつしても害がないので大丈夫です。
あくびをする癖がある人があくびをした時、周りにいる友達にもうつってしまうことがあります。
他にも、貧乏ゆすりをした時に振動や緊張感が伝わって同じように貧乏ゆすりをすることがあります。
他人、全く見知らぬ人にもうつってしまうことがあるため、それは仲間意識、共存反応として捉えることができます。
好きな人が同じしぐさをするようになったら、どちらかというと脈アリだと感じることもできます。
なのでその場合、告白しても成功する確率が高いので反応を見るなどをすることで、相手の気持ちや性格、考えていることがわかるようにもなります。
よく研究することが、この次の人間関係に大きく影響をもたらすことがあります。
スポンサーリンク