自嘲癖 心理 行動 心理

自嘲癖がある人の心理と行動心理

スポンサーリンク

自嘲癖がある人の心理と行動心理は、自分に自信が持てない人が多いです。
行動心理としては、笑われたくないので自嘲します。
それが癖になり、自嘲癖になるのです。
自嘲癖がある人の行動心理は笑われたくない、馬鹿にされたくないです。
自嘲癖があるので友達や周りの人たちも自嘲癖がある人を、軽い気持ちでからかったりします。
周りの人たちには何気ない事でも深く傷ついていたりします。
行動心理としては、笑われたり、馬鹿にされたくないのです。
自嘲癖がある人の行動心理をわかっている人は少ないように思います。
自分で自分を自嘲する行動をとるので、周りの人たちも悪気なくからかったりします。
その行動がより自分を苦しめるのです。
どうしてそのような自分を苦しめるような行動をとるのかというと、自分に自信が持てないのです。
自分に自信をつけるのは並大抵なことではありません。
しかし自分に自信が持てないからといって自分を傷つける行為をしてしまうのであれば変わるべきだと思います。
スポンサーリンク

自分を自分で傷付けてしまう人はとても優しい人なのです。
周りの人たちは傷つけないでいようと心掛けるあまりに自分を自分で傷付けてしまうのです。
周りの人たちへの気遣いは忘れません。
周りの人たちにどう思われているかもとても気にしています。
気にしているからこそ、自嘲してしまうのです。
自分で先にいってしまった方が傷つかずに済みます。
人に言われて傷つく事よりも自分で言ってしまって傷つく事を選んでしまうのです。
もしも自分に自信が持てたならばそのような癖はなくなると思います。
元々周りの人たちに気を遣える人ですから自分に自信が持てたならば、より円滑な人間関係が築けるはずです。
そして自分を自分で傷つける事がなくなるのでもっともっと生活が楽しくなると思います。
自分をより大切に出来たならば、周りの人たちももっともっと大切に出来ます。
自分を大切に出来なければ人を本当の意味で大切にする事は出来ないのです。
なので自分が変われば周りの人たちもより幸せになれるのです。
スポンサーリンク