空想癖 しぐさ 行動 心理

空想癖のある人のしぐさと行動から見る心理について

スポンサーリンク

空想癖のある人は、時と場合に関係なく自分の空想に浸る傾向があります。
自分の思考を邪魔されない環境であれば、仕事中にも表れてくるのがこの手の空想癖です。
このような空想癖を持つ人は、大概しぐさにも特徴があります。
頬杖や頭の後ろで手を組むなどは、特に多いしぐさです。
傍目には仕事について考え込んでいるように見えても、実のところは色々な空想が脳内を駆け巡っています。
空想癖のある方にとって、一つの快楽でもあるのが、日常生活の中での空想タイムなのです。
女性がこういった空想癖を持つ場合には、少し気を付ける必要が出てきます。
特に恋愛がらみの空想は、重症化すると私生活にもかなりの悪影響を及ぼすことが多いです。
好きな男性との恋愛シーンや今後の展望などを考え込む時の女性は、概してぼんやりとしており、一見元気がなさそうにも見えます。
少女のようなしぐさがそこに加わることも多く、事情を知らない周囲の人が違和感を感じるケースも少なくないのです。
スポンサーリンク

こういった空想をする人の場合、現実的な行動は苦手なのが一般的です。
行動をしてしまうと現実という結果に向き合うことになり、心理的にストレスが生じます。
空想癖のある人は、こういった心理的ストレスを避ける傾向があります。
従って、行動することなくファンタジーの世界に没頭するのが、通常のパターンです。
行動が伴わないため心理的には楽ですが、得られる結果も少ないのがこういった行動をとる方の厄介な点と言えます。
基本的に空想癖は治ることがなく、長期に渡って続きます。
悪循環に陥らないためには、現実的な行動が必要です。
心理的なイメージと現実の状況を出来るだけ近づけることが、空想癖のある方の一つの課題となります。
空想は時に欲求不満の心理にも繋がります。
特徴的なしぐさである頬杖からも、どこか不満気な心理が感じられます。
深層心理が表れることもあるのが、ふとした拍子のしぐさです。
デート中などに相手にこのようなしぐさが見られたら、少し慎重になる必要があります。
スポンサーリンク