負けず嫌い 心理

負けず嫌いな心理は自分に自信を持つあらわれ

スポンサーリンク

向上心が強く何かと人にアドバイスをするのが好きで、だけど、人から自慢話をされると黙っていられず、人によっては競争心を抱き、そして誰かに指摘されることを嫌うようなタイプは、負けず嫌いである場合が多くあります。
負けず嫌いな人は、何かと達成するための目標を自分の中に持っていて、その目標を達成させるためには誰にも負けたくないという心理が働くため、エネルギッシュとなり誰かに対して競争心を抱いてしまうこともあるといいます。
時に自分の経験からアドバイスをおくりたがる場合は、少々上から目線になってしまうこともあり、アドバイスを送られている相手によっては鼻につくタイプになってしまうこともあります。
なぜ競争心を抱いたり、上から目線で話してしまう心理が働くのか、それは、それまで努力してきた自分に自信を持っているからなのです。
自信を持つ強さが体からあらわれてくるかのように、そのような心理が態度に出てしまうといわれています。
スポンサーリンク

負けず嫌いな人は、強い自信を持っているだけに誰かに負けると誰よりも悔しく感じて、人によっては癇癪を起こしたり、また人によっては部屋の中に引きこもって悔しさを噛み締めていたりすることもあります。
しかし、それだけ悔しく感じることでさらに負けず嫌いな心理が働く人は、さらに努力を重ねていこうとさらにエネルギッシュになります。
人によっては熱くなりすぎて周囲の人を引き寄せない雰囲気を出すほどの人もいるため、もし自分自身がそうなっているのではと思い当たる人は、普段から夢中になっているときの態度に注意するよう意識すると良いかもしれません。
上から目線で話していないか、親しい友人から話を聞いて確かめるのも良い方法です。
ですが負けず嫌いな人の多くは、それだけエネルギッシュに努力する心理が働くタイプが多くいるため、目標を達成し、大成に結びつけることが多くあるといわれています。
大成に結びつけるためにも負けず嫌いな心理が働くことも必要になることがあるといいます。
スポンサーリンク