指を噛む 心理 性格

指を噛む癖の心理や性格などの原因について

スポンサーリンク

子供だけでなく大人でも指を噛む癖を持っている人はいます。
指を噛むというしぐさには一般的には精神的な不安感が強く指を噛むことにより気持ちを安定させたいという心理があらわれています。
また指を噛むしぐさには寂しさを感じた場合にも表れることがあるため性格が寂しさを感じやすい性格の場合にはあらわれやすいしぐさです。
特に幼少期には何かを噛んでいることで安心感や他者とのつながりを感じているといえます。
指を噛むという癖を持っている場合には寂しさを感じやすい性格であったり寂しさを抱え込んでしまいやすい性格であるとも解釈することができます。
このしぐさは症状が悪化すると時に自分を傷つけるほどの強い力で爪を噛んでしまう場合もありそのような場合には精神科などの専門医の治療が必要になるためこの癖があると自覚した際には早めに治すようにしましょう。
このしぐさの背景ににあるのは寂しさや不安感などの心理ですので強いプレッシャーを感じた場合などにも突然現れる場合があります。
スポンサーリンク

人の心理や性格などは癖やしぐさにあらわれます。
たとえば指を噛むというしぐさは寂しさや不安を感じているという心理の表れでもあります。
ほかにも不安や緊張や拒絶などの心理を表すしぐさとして腕を組む、唇を触る、唇をなめる、などのしぐさがあります。
腕を組むというしぐさには心を開きたくないという心理の表れでもあり守りの態勢に入っているしぐさでもあります。
唇を触るというしぐさは不安を感じている場合、唇をなめるのは緊張している場合などの心理があらわれている傾向があります。
ほかにも自信があるときのしぐさや自己主張のしぐさとして顎に手を当てる、声が大きくなるなどの傾向があり、さらに嘘をついていたり本心を隠していたりする際のしぐさとして視線をそらす、鼻を触る、瞬きが多くなるなどのしぐさが多くみられる傾向にあります。
このようにしぐさや癖はさまざまな心理や性格を表しているものが多くあります。
また人は好意がある相手のしぐさを無意識にまねをします。
この習性を使い意図的に相手のしぐさや癖をまねることをミラーリングといい相手と同じしぐさをすることで好感を与えることができますが相手に気付かれると逆効果となるので気を付けましょう。
スポンサーリンク