お世辞ばかりを言う 話し方からわかる 心理

お世辞ばかりを言う人の話し方からわかる心理について

スポンサーリンク

お世辞ばかりを言う人は話し方からわかる心理状態があります。
例えばお世辞であっても本心である場合があります。
その場合は、声に力がこもっているケースが多いです。
そして話し方もゆっくりで聞き取りやすい場合は本心である場合があります。
お世辞ばかりを言う人の話し方からわかる心理状態としては、会話のスピードが速くて、お世辞が次から次へと出てくる人は、相手に早く気に入って欲しいという心理が隠されています。
これは一部の営業マンなど、利益を上げたいという心理状態にある人が多いケースです。
また、お世辞ばかりを言う人の心理状態としては、その根底に自分に対する自信のなさが潜んでいるケースがあります。
つまり自分の能力や成績に自信がないために、上司や権力のある人にお世辞を言って取り入ろうという心理状態があります。
そのため、お世辞ばかりを言う人の言葉を真正面から真剣に受け止めると、裏切られたりして痛い目を見る場合もあります。
スポンサーリンク

お世辞ばかりを言う人の話し方からわかる心理としては、甘え声でささやいてお世辞を言う場合は、その根底に打算があるケースがあります。
例えばお世辞ばかりを言う事によって、相手を気分良くさせて何かのプレゼントを貰おうとする気持ちが隠されてる人もいます。
人間の根底に潜んでいる考えというのは、話し方からわかる場合があります。
お世辞ばかりを言う人は、基本的に人を信用しない人が多いです。
小さい頃からの教育環境などによって、お世辞を言えば他人は自分に対して甘い対応をするという考えを持っている人もいます。
お世辞ばかりを言う人の話し方からわかる心理状態としては、同じ事を繰り返すという特徴が挙げられます。
本心から相手を褒めている人は、過去にその相手に何を言ったのかをしっかり記憶しています。
しかし、お世辞が本心ではない人は相手に対して適当に対応をしているために、過去に自分が相手を褒めた記憶が抜け落ちています。
そのため本心で相手を褒めていない事が話し方からわかるのです。
スポンサーリンク