てをつねるしぐさ 癖 心理

てをつねるしぐさの癖や心理

スポンサーリンク

てをつねるしぐさの癖や心理は、単刀直入に言うと、いつも不安で仕方ない人が多いです。
表情は笑っているけど、心の中では傷ついている人が多いです。
てをつねるしぐさは、痛みを手に与えて現実の世界から逃れようとする心理が加わっています。
癖になってしまうと、手に傷がたくさんついてしまうので、一種の自傷行為として捉えてしまうことがあります。
てをつねるしぐさは、している最中は痛く無いかもしれないけど、家に帰ったり冷静になってみると急に痛みを帯びてしまう場合があるので、氷で冷やしたり水で処置をとることが必要です。
癖や心理を理解することで、てをつねるしぐさをしている人を見かけたら、この人は今辛い思いをしている、明るい話に変えなきゃという意識を操作することができます。
なるべく話しやすい当たり障りのない話をすることでその癖も減り、心理的に相手を見る必要もなくなってきます。
癖や心理を理解することでその人の気持ちを読み取ることができます。
スポンサーリンク

てをつねるしぐさは、恥ずかしさや怒りを抑える時にも使います。
一種の感情を抑える行為として役に立っています。
痛みを与えることで、神経を正すことができます。
癖として何度も何度も手をつねると心配されるので、人前ではあまりしないように努力が必要です。
学校で四時間目あたりはお腹が減ってきて、腹の音が鳴り出す時間でもあります。
その音が聞こえないように意識や気を紛らわすためにもてをつねるしぐさをする癖を身につけることがあります。
この心理として、お腹の音を周りの人に聞かせたく無いために、つねって自分自身を落ち着けている傾向が見られます。
毎日それが続いてくると、痛みを帯びてしまい、しんどい気持ちが溢れてくるため、他の紛らわす方法を模索する必要があります。
てをつねるしぐさをしているときは、相手に対してSOSを出している時でもあるため、なるべくその姿を見たら、話題を変えたり助け船を出して空気を変えてあげることが大切です。
スポンサーリンク