下から目線 話し方

下から目線の話し方をする心理状態は自信に欠けている事があります

スポンサーリンク

人と会話をする時の特徴については、話す人の性格やクセなどが表れる場合があります。
上から目線という言葉が口にされる事は多いですが、同じ様に、下から目線での話し方をする人もいます。
 下から目線の話し方は、やはり尊敬語を使用したり、相手を窺う様な口調になる場合が多くなります。
相手の年齢や立場などを考慮したとしても、少なくともタメ口などには余りなりません。
下から目線の話し方をする人は、何々ですよね、といった相手に伺いを立てる様な口調をする事があります。
話す人の心理状態としては、例えば、自分に、あるいは話の内容に自信をもてていない状況でもあります。
自分の意見、何かを感じた感覚や感想をもっていても、相手の反応が気になる状態です。
下から目線での話し方をする事によって、自分の言葉から何かの失敗には至らないリスクヘッジを設定しています。
 何に対するリスクヘッジかは、相手の気分を害する事であったり、関係性が気まずくなる様な状態です。
どうしても、自分よりは相手の感情などを優先する事になるため、下から目線の場合、断定的な話し方を避ける傾向があります。
本人の取り巻く環境などが変化すれば、下から目線の話し方も変わる可能性はあります。
スポンサーリンク

 下から目線の話し方をするのは、グループ内において、立ち位置、あるいはピラミッド型の上下関係で発生する事もあります。
この場合の下から目線の話し方は、自分よりも上の地位、立場の人への気遣いといえます。
自分より上の人を中心に考える心理状態が、日頃から定着している状況でもあります。
上の立場の人たちの気分を害する様な事が発生するのを、心の中で恐れている可能性などもあります。
色濃く出た場合には、本人にとって強迫観念になっている事もありますが、その手前の状態という場合もあります。
 下から目線の話し方は、先輩など、年齢が上であったり、上司に対する人たちへ自然と向けられる事もあります。
この場合には、単に礼節をもって相手と接しているという人も多く見られます。
日本の場合には特に、年功序列の形式が長く定着していたため、育った環境によって育まれる習性などもあります。
逆に見ると、最近では友達感覚の親子関係を構築している場合も多いため、年齢が上の人にもタメ口になる人も見られます。
特に指導や注意を受ける事がない状態で進行すれば、タメ口が継続します。
同じ様に、上の立場の人には常にです・ます調で、という教育や環境により、下から目線の話し方になっていく人も多いのです。
スポンサーリンク

関連ページ

頭をふるしぐさの癖がある人は否定的な思考を持っている証拠
服の胸元をつかむ、襟をつかむ癖の心理状態は不安があります
後ろから抱きつくのは、心理状態に独占欲が存在します
顔に触るしぐさや表情で性格や心理状態を読み解けます
知らない友達の話ばかり話するような人の心理とは何か
ストーカ-気質で虚言症の人の心理
嘘ばかりつく癖がある人の心理とその原因とは
嘘をつく癖がある人の心理
自嘲癖の意味について
嘘ばかりつく癖の原因と話がしたい心理
電話の時に髪の毛を巻き付ける人
話したくない時にしてしまうサインやしぐさとは
男女の考え方の癖からわかる感情と心理
好き避け癖の行動パターンと恋愛心理
口癖がうつる心理について
彼に恋愛スタイルがあるデートコースでは、恋愛心理も働いています
結婚が近づく時に怖気づくしぐさと恋愛心理について
年上好みと年下好みの恋愛心理について
恋多き人は、一目惚れで瞬間湯沸器の様な恋愛を始めます
自分の気持ちがわからず占いを頼る人の心理と無責任な意見への対応
現実の恋に興味なしで主人公に恋する癖がある人について
ゲームに夢中やコレクションに夢中になる背景に存在する少年心理
新しい物を欲しがる性質と我慢ができない心理について
ほしい物を手に入れたがる人の恋愛心理