ボディタッチ 女のしぐさ 心理

好意のある人への女のしぐさとボディタッチをする心理について

スポンサーリンク

気になる女性が自分に対して好意を抱いているかどうかは、誰しもが気になるところでしょう。
人は好きなものや好きな人、興味関心のあるものを無意識にしっかり見ようとして視線を向けます。
こちらから女性に視線を送り、目が合った瞬間に驚いたような表情を見せたり、恥ずかしそうにうつむくような女のしぐさを見せたりしたら、その女性から好意を抱かれている可能性が非常に高いです。
女性からのボディタッチというのは、無意識の女のしぐさというよりも、女性からの能動的なメッセージといえます。
好意がない男性に対しては、たとえ無意識でも触れてこないのが女性だからです。
レストランや喫茶店などで女性がテーブルやカップをなでるような女のしぐさを見せたときは、それはそばにいる人触れたいと感じているサインと受け取れます。
相手に触れたいという欲求を、カップやテーブルに触れることでごまかしています。
好意がある男性に対して、冷たい態度やそっけない態度をとってしまう女性もいます。
好意が伝わるのが恥ずかしいという恥ずかしがり屋のタイプの女性です。
こういうタイプの女性は、一般的な女性が好きな人に見せる女のしぐさと違った行動をとるので、行為を見極めるのがとても難しいです。
例えば、好きな人の前ではうつむいて、挨拶もままならないほどそっけなくします。
このような女のしぐさだけでは判断が難しいので、女性にアプローチして反応をうかがう必要があります。
スポンサーリンク

前段では、女性が無意識に女のしぐさで相手に好意を示すと書きました。
また、好意のない人にはボディタッチをしないと書きました。
女性が男性に対してボディタッチをする光景を見かけることがあります。
何気ない会話の中で、冗談を言いながら男性に対してボディタッチをします。
その女性の心理には、男性に対して自分に振り向いてほしい、自分は男性に対して普通以上の感情を持っているとの感情のあらわれです。
しかし、女性の心理として実はそんなに意識もせずに無意識にボディタッチをしてしまうことが意外に多いです。
逆に男性の場合は酔っ払っていると、テンションが上がってしまい急にハイテンションになる人もいます。
そういうときに女性にボディタッチすることで、男性はますますお酒も会話も進みます。
人の癖やしぐさからは様々な心理が分かります。
視線の位置でも心理が分かります。
例えば、視線が下に向くのは気弱になっている証拠です。
知識不足のコンプレックスをメガネで知的なイメージへと変換するという心理から、伊達メガネをする人がいます。
ポケットに手を入れるのと同様に、心理的に守られている感覚から伊達マスクをする人もいます。
しかし、人の性格は多種多様であり、ここで書いたものは具体例にすぎないので、勘違いや早とちりをしないように相手のことをしっかりと理解してから判断することが大切です。
スポンサーリンク