飲み物を飲む 小指を立てる癖 心理

飲み物を飲むときに小指を立てる癖と心理

スポンサーリンク

飲み物を飲むときに小指を立てる癖を見せる人がいます。
これをする人がどのような心理状態にあるのかと言いますと、他人よりも目立ちたい、と考えていることが多いとされています。
 これは人より変わったことをすれば、注目を浴びられるのではないか、と考える人にありがちな話なのです。
 しかし、飲み物を飲むときに小指を立てる癖を持つ程度ならば、そんなに派手なことはしない傾向にあります。
 これはあまり他人に不快感を与えることはしたくないという、心理的なブレーキが働くためです。
 そのため、飲み物を飲むときに小指を立てる癖を持つ人は、少しだけ目立ちたがりなのだと考えるようにしましょう。
 どのような癖やしぐさにも、その人の心理状態が反映される傾向にあります。
 知り合って間もない人の性格を把握したいと考えたときは、まずはそこをチェックするようにしましょう。
 そうすれば、自ずと人となりが見えてくるため、付き合い方も分かるようになります。
スポンサーリンク

 飲み物を飲むときに小指を立てる癖がある人の心理としては、何も考えていない、というのがあります。
 これは貧乏揺すりなどと同様に、単純にそれが習慣化したからしているだけ、というパターンです。
 このため、他者から何故飲み物を飲むときに小指を立てる癖があるのかと訊ねられても、意識してやっているわけではないので、何も答えられない、という状態になりがちです。
 飲み物を飲むときに小指を立てる癖がある人は、そうすることで気分を切り替えることもあります。
 これは性格的に動揺しやすい人が、心理的な安定ほしさにそうしている、という形になります。
 どのような物事に取り組むにしても、平常心を維持しなければ難しいことは共通しています。
そのため、あるしぐさをすることで落ち着きたい、あるいは冷静になるのだと言い聞かせている人は、さほど珍しくありません。
 このように、飲み物を飲むときに小指を立てる癖がある人は、そのしぐさによって心理状態を表現しているのです。
スポンサーリンク