怒られた時 返事 性格

怒られた時の返事による性格分析について

スポンサーリンク

部下や後輩を怒ったときに、その時の返事によって性格が現れることがあります。
怒られた時に素直に謝らずに言い返してくる人の性格は負けん気が強いと推測できます。
少々の失敗でも落ち込まない性格と言えます。
そのため仕事で成長をすれば緊張する場面でも頑張ることが出来る可能性があります。
また怒られた時に元気のない返事をする人の性格は繊細な傾向があります。
そのためあまり強く怒ると元気を失って、仕事の能率が落ちてしまう場合があります。
したがってこのような繊細な性格なタイプが部下であった場合は、怒る回数を減らす事を推奨します。
繊細なタイプは想像力が豊かである傾向があるために、芸術方面で活躍できる可能性があります。
また怒られた時にすぐに謝罪の返事をする人は素直な性格だと推測できます。
そして嘘をつかないタイプでもありますので、基本的に信用できるでしょう。
もっとも怒られた時にすぐに謝罪をする人の中には、他人の話を聞かない人もいるために注意が必要です。
スポンサーリンク

仕事の失敗などで怒られた時の返事によってその人の性格がわかる場合があります。
怒られた時に返事が遅いタイプは、なぜ怒られたのかを分析している場合があります。
このような人はじっくり分析タイプであると言えます。
そのため自分が納得をしない出来事には素直に返事をしない傾向があります。
頑固な性格の部下を叱る時は、じっくりと時間を作ってなぜ叱るのかを説明することを推奨します。
また、怒られた時に小さな声で返事をする人は気弱なタイプが多いです。
そのため強い口調で責めるとショックで体調を崩してしまう可能性があるために、ワンクッションを置いて理性的に叱ることが大切となります。
部下には一人一人個性があるために、全員に対して同じ叱り方をすると部下の不満が発生する場合があるために注意が必要です。
また叱った時に生返事をするタイプは、お調子者が多いです。
このようなタイプは同じ失敗を繰り返す可能性があるために、あまり重要な場面を任せる事は避けることを推奨します。
スポンサーリンク