彼氏 いない 見下す

彼氏がいない人を見下す心理状態は、独特な判断基準をもっています

スポンサーリンク

人生の中で、恋愛をする事は、結婚に繋がる可能性などもあります。
恋愛に重点を置いた生活になる人もいますが、恋愛をしていない人との価値観にズレなどが生じる事もあります。
 彼氏がいない人に対して、見下す様な言動をする人もいます。
その人によって違いはありますが、恋愛をして相手がいる事で、完成された生活、という考えをもっていると推察されます。
勿論、一般的には、彼氏がいないからといって、不完全な訳ではありません。
その人の判断基準として、例えば彼氏のいない友達を見下すなどの心理状態になっています。
 見下す判断となるのが、彼氏がいない人、状態などになりますが、私にはいる、あなたに彼氏はいないという比較をしています。
友達などの場合、普段行動を共にしたり、会話をする場面も多くなります。
生活の一部を共有する状況になる場合もあり、中には、一番近い友達などの関係性の中で、比較をしてしまうのです。
露骨に、相手を傷つける様な発言で見下す場合もありますが、女性同士の場合には特に、微妙なやり取りになるケースもあります。
彼氏がいる人にとっては何気ない発言であっても、いない友達の感情にヒットしてしまう場合もあるのです。
見下されている、と感じる事で、この人は私を見下す言動が多い、などと感じる様になっていく過程を辿る事もあります。
スポンサーリンク

 特に恋愛至上主義を公言する人は、彼氏がいない人を見下すなどの場合もあります。
自分特有の判断基準があるため、恋愛をしていない状態が考えられない、という人も存在します。
中には、自分の魅力が彼氏を引き付けている、という自信をもっている人もいます。
だから自分はいつも恋愛ができるし、彼氏も作る事ができる。
でも、恋愛ができないのは、彼氏がいない人は魅力に欠けている、努力をしていないから、と判断をして見下す事などがあります。
 見下すのは、明らかに何かと比較をして、自分の方が上という判断をしている場合が多くなります。
自己満足の範囲内で、相手と自分を比較して、優劣をつけている場合などもあります。
 更に、本人は気づかない内に、彼氏のいない人を見下すなどの言動が多くなる場合もあります。
彼氏といる楽しさ、恋愛の楽しさなどを感じていると、それ以外の人に考えが及ばなくなる事があります。
相手が不愉快になっているなどに全く気づかず、見下してしまう場合があります。
こういうタイプの人は、恋愛をしている時には上機嫌で、人の気持ちを思いやる事に欠けてしまっている事があります。
そのくせ、自分の恋愛が終わりを告げると、同性の友達との関係性も自然に復活し、普通に振舞える心理状態ももち合わせています。