話したくない時 サイン しぐさ

話したくない時にしてしまうサインやしぐさとは

スポンサーリンク

人は会話をすることでコミュニケーションを深めたり、ストレス解消に役立てることができます。
けれども、会話は自分の都合や相手によってしたくないときもあります。
そのような場合、人は自然と話したくない時にサインやしぐさを見せてしまうのです。
具体的には、どのようなサインやしぐさをしてしまうのでしょうか。
話したくない時に見せる分かりやすい変化には、話しに関係のない無意味な動作をしてしまう場合です。
例えば、目の前に置いてあるペンやコップをいじってしまったり、カバンの中をゴソゴソと見てしまう行為です。
こういった行為は退屈しているサインであり、早く話しを終わらせたがっている証拠です。
次に、必要以上に相槌を打つ場合も話したくない時の可能性が高いです。
相槌を何回もしてくることは大げさなしぐさでもあり、これも早く話しが終わって欲しいと思っているあらわれです。
また、髪や耳を触り続けているのも、話したくない時のサインです。
話しに集中できないために、ついつい手が髪や耳にいってしまうようになります。
スポンサーリンク

他に見られる話したくない時のサインやしぐさは、わざとらしい咳払いもその1つです。
空気を読んでほしいと訴えたい場合にしてしまう人が多く、わざと音を立てて咳をしようとするので気づきやすい点があります。
そして、話しの途中で何度も席を立ち電話やトイレに行くような場合も、話したくない時にしてしまうサインです。
目がキョロキョロと不安定だったり、よそを見てしまうのも典型的なしぐさと言えます。
これに加えて、話しをまとめようとするのも、短時間で済ませたい願望でもあるので、このしぐさを感じたら相手の本音を感じなければいけません。
会話はときとして、相手の都合を悪くしてしまう場合もあります。
その他にも、好意を持たれていない可能性もあるため、相手の反応を伺うことは大切です。
少しでも疑いのあるようなサインやしぐさが見られたときは、早く話しを切り上げていったほうがお互いにとってもスッキリとできます。
ただ、人の顔色を伺い過ぎるのもよくないので、常識的な範囲内で反応を読み取れるようにすれば問題ないでしょう。
スポンサーリンク

関連ページ

頭をふるしぐさの癖がある人は否定的な思考を持っている証拠
服の胸元をつかむ、襟をつかむ癖の心理状態は不安があります
後ろから抱きつくのは、心理状態に独占欲が存在します
顔に触るしぐさや表情で性格や心理状態を読み解けます
知らない友達の話ばかり話するような人の心理とは何か
ストーカ-気質で虚言症の人の心理
嘘ばかりつく癖がある人の心理とその原因とは
嘘をつく癖がある人の心理
自嘲癖の意味について
嘘ばかりつく癖の原因と話がしたい心理
電話の時に髪の毛を巻き付ける人
男女の考え方の癖からわかる感情と心理
好き避け癖の行動パターンと恋愛心理
口癖がうつる心理について
彼に恋愛スタイルがあるデートコースでは、恋愛心理も働いています
結婚が近づく時に怖気づくしぐさと恋愛心理について
年上好みと年下好みの恋愛心理について
恋多き人は、一目惚れで瞬間湯沸器の様な恋愛を始めます
自分の気持ちがわからず占いを頼る人の心理と無責任な意見への対応
現実の恋に興味なしで主人公に恋する癖がある人について
ゲームに夢中やコレクションに夢中になる背景に存在する少年心理
新しい物を欲しがる性質と我慢ができない心理について
ほしい物を手に入れたがる人の恋愛心理
下から目線の話し方をする心理状態は自信に欠けている事があります