逃避癖 病気 治し方

現代人に多い鬱の病気一種である逃避癖の基礎知識や治し方

スポンサーリンク

現代人は様々なシチュエーションにおいて、様々なストレスを抱えています。
それが溜まることにより鬱の傾向が現れ始め、それがまたストレスになるという悪循環に陥ります。
現代では鬱の病気に対する考え方が広がり、いわゆる逃避癖と呼ばれるものも鬱病の一種に捉えられています。
本来であれば、人は誰しも楽な選択肢を選びがちなので、本能的に苦しいことから逃げる選択をします。
これがやがて癖になり、社会活動に影響を与えるようになると、鬱病の傾向にある逃避癖になっていきます。
一度でも重度な逃避する癖が付いてしまえば、それはタバコや薬物のように依存的になっていくので、期間が長引けば長引くほど改善が難しくなっていきます。
そのため、少しでも逃避癖が酷くなってきたと自覚した場合は、早めに対策などを行うことが重要です。
近年では鬱病の患者が増えることへの対策として、専門機関の増加や治し方の確立など、着実に改善への道が開かれてきています。
さらに、幸いにも逃避型の鬱病は、通常の鬱病と比較したら治しやすく、すぐに社会復帰できる可能性が高いです。
そのため、適切な治し方の基礎をしっかりと知っておくことが大切です。
スポンサーリンク

逃避癖の治し方のアプローチには、いくつかの方法がありますが、まずは逃避癖という病気の基本的な特徴を把握し、その上で個人個人に合った適切な治し方を実践していくことが効果的です。
逃避癖の多くは、全てのことに対して逃避する癖があるのではなく、現時点あるいは将来時点の自分がやりたくないことに対して逃避するという傾向があります。
たとえば、やりがいのない仕事や毎日同じことの繰り返しである家事などが挙げられます。
また、重度になると全てのことに対してやる気が出ないようになります。
基本的には、病気の程度が軽度なうちに、改善のアプローチを考えて、各々の治し方を実践することになります。
治し方には、逃避癖の原因になっている環境そのものを変える方法や、自分の意識を変える方法などが挙げられます。
いずれも一人では困難なので、医師や専門家、家族などの支えは重要です。
また、支援団体などを活用することも効果的でしょう。
また、精神の病気なので、治療には長期間を有することも忘れてはなりません。
逃避癖は誰しもが多少は有しているものなので、すぐに病気と決めつける必要はありませんが、それが生活に関わる重要な事項に対するものであれば、病気と判断してすぐに改善へと移ることが大切です。
スポンサーリンク