浪費癖 治し方

どうしたら治る浪費癖・浪費癖の治し方

スポンサーリンク

自分が浪費癖があると気づいている方はいますか。
気づいている方は意外と少ないかもしれません。
そもそも浪費癖とは、どんな癖なのでしょうか。
浪費癖があるためにお金を使って貯金ができない、見ると欲しくなりつい買ってしまう、給料全部使わないと気が済まないなど自分が持っているお金の範囲で使用する癖のある方です。
そのために結婚ができなかったり、憧れのマイホームが持てない、いざという時にお金がないと悩む方も少なくありません。
気がついたら使用しない洋服がタグのままかけてある、食べないのに冷蔵庫の中がいっぱい、家の中は物で溢れている、外食が多いなどの方は注意をした方が良いでしょう。
でも大丈夫です。
そんな方も浪費癖の治し方を実践すると浪費癖が治ります。
多数の治し方がありますので自分が実践できる方法で試してみましょう。
あれもこれも試してみると治し方を実践する事を飽きてしまい続きません。
しっかりと少しずつ試していく事をお勧めします。
スポンサーリンク

浪費癖の治し方としては、お金の管理をする事が重要です。
毎月どのくらいの収入があり、毎月の支払いはいくらか把握する必要があります。
家計簿などと難しいものではなく「お小遣い帳」レベルで実践すると良いでしょう。
お金の収支を確実に把握する事ができます。
簡単な治し方の一つですが「お小遣い帳」はとても効果があります。
毎日、記帳する事が良いですが難しい方はレシートをとっておくと良いです。
その他の治し方と併用する事もできます。
クレジットカードは作らない、衝動的に買い物意欲が出ても我慢する、使えるお金を決めておく、給料が出たらまず貯金をする、なるべく外出は避けお金のかからない楽しみを見つけるなど多数の方法があります。
給料日にお金の使い道を振り分けておく事も良い方法です。
急になんでも実践するとストレスになるのでまずはできる事から始めると良いです。
強い意志を持つ事、周囲に振り回されない、目標を決める事もとても重要です。
スポンサーリンク