爪垢 匂いを嗅ぐ癖 心理

爪垢の匂いを嗅ぐ癖の心理について

スポンサーリンク

無意識のうちにしてしまっている癖について、自分でも思い当たるものがあるという人は多いのではないでしょうか。
自分自身でも気づいていない癖を、人に指摘されるとどきっとするものです。
また、その癖があまり印象が良くないものだと、人は気づいていても口に出して教えてくれることも少なくなります。
そのような、人にも指摘しづらい癖がもしかしたら自分にもあるかもしれません。
早いうちに気づくことができたら、意識して止めることができます。
相手に少しでも不快な気持ちを抱かせるような癖があるのなら、無理やりにでもやめるよう努力する必要があります。
そのためには、自分自身がどのような癖があるのか、気をつけて生活をしてみましょう。
また、自分ではどのような癖があるのかどうしても分からないのなら、家族など身近な人にこっそり教えてもらうのも一つの手段です。
癖にはそこに様々な心理が隠されています。
癖によっては、その心理について考えることも大切なこととなります。
どのような心理状態の時に、その癖があらわれるのか把握しておくことも必要です。
スポンサーリンク

あまり印象の良くない癖として、匂いを嗅ぐ癖があります。
例えば、髪の毛の匂いを嗅ぐ癖、爪垢の匂いを嗅ぐ癖、食べ物の匂いを嗅ぐ癖などです。
これらは別に悪いことではありませんが、できれば人前では避けたい癖でもあります。
爪垢の匂いを嗅ぐ癖というものには、どのような心理があるのでしょうか。
爪垢の匂いというのは、自分自身の匂いでもあります。
この爪垢の匂いを嗅ぐ癖がある人は、自分自身の匂いを嗅ぐことで安心したいという心理があります。
そのため、爪垢の匂いを嗅ぐ癖というのは、緊張している時や不安を感じている時に出やすい癖だとも言えます。
無意識のうちに爪垢の匂いを嗅ぐことで、自分自身を感じ安らぎを得るという心理がそこにはあるのです。
このような癖があると自覚したら、爪垢の匂いを嗅げないような状態にするという対策があります。
例えば、指先に何かテープを貼ってしまって匂いを嗅げないようにします。
そうすることで自分自身の匂いを嗅げないことから、次第に爪垢の匂いを無意識に嗅ぐという行動をしなくなります。
癖というものはすぐに治るものではないので、時間をかけて根気よく続けていくことが重要です。
スポンサーリンク