飴 噛む 性格

飴を噛む人に多い性格

スポンサーリンク

飴は本来舐めて味を楽しむものですが、それを最後まで待てずに噛むような行為をしてしまう人はいないでしょうか。
もしかしたら自分に当てはまる行為かもしれませんが、最後まで舐めきれないでいる人は性格が共通しているところがあります。
飴を噛む行為は、いろいろな心理からついつい出てしまうようになるのです。
こうした性格で挙げられるのが、ストレスです。
ストレスが溜まっている場合は、アメを最後まで舐めることができなくなります。
人によっては口に含んでからすぐに噛む場合もあるため、強いストレスがそうさせてしまうのかと考えられます。
普段は飴を最後まで舐めているけれど、ときどき噛む場合はストレスを感じている証拠だと言えます。
また、もともとせっかちで忍耐力に乏しい性格も、飴をちゃんと舐めれない人が多いです。
飴の食べ方は小さい頃に親から教わるものですが、それを分かっていながら癖になっているのがこういう性格の人です。
余裕があって忍耐力に強い人であれば、その美味しさを長い時間楽しもうとします。
心に隠された欲求は、食べ方にもあらわれてしまうのです。
スポンサーリンク

小さくなった飴を最後になって噛む人は、諦めやすい性格だと考えられます。
忍耐力のなさに似ていますが、最後で噛む行為はそれを知っていながらも全てを達成できない行為です。
そういう人は、過去を振り返っても思い当たるようなことがたくさんあるのではないでしょうか。
飴が小さくなったから噛むというような場合も、そのような性格が疑われます。
以上のような性格を見ていけば、心の不満や不安定さが伺えます。
飴は確かに時間をかけながら味を楽しむお菓子ですが、それがかえって待ちきれないからと嫌がる人もいます。
ただし、何かに夢中になっている場合には、舐めるのを忘れてしまうぐらい長時間口に含んでしまう場合もあります。
例えば、仕事や趣味に集中しているときなどは口が動かなくなるため噛むこともなくなるのです。
いわば、不満が満たされ、心理的にも安定している状態とも言えるので、最後まで味を続かせるためには満足した状態が関係しているのかもしれません。
スポンサーリンク

関連ページ

目を細める心理には2つの方向性がある
話し中に目をこする癖、心理について
唇を噛むしぐさと我慢の感情、ストレスとの関係
目を細めるしぐさで表現される心理とは
人の唇を触る癖と心理
唇に触れるしぐさは、愛情を求めた心理状態にあります
男性がリップクリームを塗るときは、心理的なキスの欲求が含まれる
唇の皮をむく人はストレスと欲求不満の表れ
目を閉じるままで話を聞く癖について
目鼻口の癖に関する行動で、現在の心理状態を読み解けます
目をそらす癖をもつ人の心理状態は辛い経験なども影響します
目をこする仕草の裏に隠された心理とは
視線やしぐさであなたへの関心度がわかる恋愛心理
まばたき癖は緊張&気まずい心理の表れかその理由をさぐる
瞬きが多い人に隠された心理とは
眉を触る癖や行動と心理について
上目遣いで話す癖の心理について
鼻触る癖のある人の心理状態
鼻をつまむ時の心理と落ち着かない状況の関係
鼻糞を食べる癖の原因と心理状態について
鼻をつまむ仕草に隠された心理とそのような癖を持つ人の性格
鼻をすする心理と癖について
鼻がよくピクピク動く人の心理
鼻をこする時に関係する人間の心理とは
小鼻の横を指でかく癖は心理状態に恥ずかしさなどがあります
唇の皮をむく癖の原因と治療法
唇を舐める癖を持つ人の心理
唇を噛む癖のある人の心理とは
唇触癖でわかる欲求行動と行動の心理
眉をひそめるしぐさや癖をもつ心理状態は、疑いの気持ちがあります
口元に手を当てる癖に隠された心理とは
口の中を噛む癖と集中したい心理
口を動かさず話す癖がある人の心理
口元を触る癖がある人の心理について
ついついしてしまう舌打ちの癖を直す
舌を出す癖の治し方は、自分の心理状態にも方向性をもたせる事です
歯を食いしばる癖がある その原因とは