人の行動 癖 心理

人の行動や癖に隠された心理を知る

スポンサーリンク

人の行動や癖にはそれぞれ隠された心理があると言われています。
無意識のうちに考えていることや今までの体験から学んだことが蓄積されてストレスとなり、それを解消したいために人の行動や癖が現れてしまうと考えられています。
人間の行動や癖を行っているのは身体の各部分ではなく脳です。
笑う、泣く、走る、声を出すなど無意識にやっていることは脳が支配してしているため、気づかないうちの人の行動や癖として様々な心理が現れてしまうのです。
人の行動や癖からわかるそれらは「行動心理学」と呼ばれており、恋愛や友情などの人間関係やビジネスの場面でも人の行動や癖にどんな心理が隠されているのかを知ることによって上手く関係を作り上げたり、スムーズに話が進むようにして行けるなど大きなメリットを得られるようになると言われています。
代表的な人の行動や癖を知り、その裏にある心理を知っておくと、堂々と自分の行動を行うことが出来るようになります。
スポンサーリンク

代表的な人の行動や癖として、手を組んだり腕組みをしている・手をぽきぽき鳴らす・手の平を握ってこぶしを作るというのは「相手に対して緊張している」という心理が隠されています。
「相手を受け入れない」態度が表れている仕草になります。
自分の髪の毛を触る・髪を指に巻き付けるという仕草は緊張感を表しています。
目にも心理は表れてきます。
何かを聞いた時に目をきょろきょろと落ち着きなく動かすのは自分が隠していたことがバレたときのパニックになった行動だと言われています。
また目を上に向ける時は考えたり、思い出そうとしている時、右上に泳ぐときは嘘をつこうとしている時、左上に泳ぐときは過去の記憶を思い出そうとしている時だ、という説があります。
他にもさまざまな行動の裏側に隠された心理があることが多いので、気になる人の良くする行動や仕草がどんな意味を持っているのかを知り、対応を考えていくようにすると良い結果が出る可能性が高くなります。
スポンサーリンク