質問に 質問で返す 心理

質問に質問で返すような人の本当の心理を探る

スポンサーリンク

人との会話の中で、質問をされたときは素直に答えるのは一般的なことです。
しかし、逆に自分が質問をしたのに、質問に質問で返すような人がたまにいます。
こういった質問の仕方はあまり気持ちのいいものとは言えませんが、こうした質問自体にはどのような心理を相手が抱いているのでしょうか。
まず、質問をされてはっきりと答えられない場合は、人は言葉で濁す傾向があります。
または話題を変えたり、急に用事を思い出してその場を立ち去ろうとする人も少なくありません。
質問に質問で返すような場合は、こういった答えにくいというのが基本となってきます。
つまり、隠し事をしていたり、嘘を言っているといった心理が見て取れるのです。
そのために、質問をさえぎる方法から逆に質問をしてこようとします。
この心理を知れば卑怯な方法に見えるかもしれませんが、相手にとっては不利な立場から逃れるための作戦となってしまうわけです。
具体的な心理から探っていけば、上手く答えられない自信のなさがわかります。
また、質問してきた相手によって攻撃心を持ってしまう場合もあります。
スポンサーリンク

質問に質問で返す人は、はっきりと答えられない質問のためにイライラを感じてしまい、相手への攻撃として質問で返そうとします。
要は納得のいかない質問をされたというわけで、話しの流れを勝手に変えて指導権を握ろうとします。
逆に質問された相手が戸惑っているときはそこを追求しようとするので、優位な立場を狙っている可能性もあります。
そういったことから、質問に答えなくていい雰囲気にしてしまい、真実を話さない方向へ持っていこうとします。
ただ、この作戦に上手く流されてしまえば、騙されている可能性が全くないとは言えません。
質問に質問で返す心理は自分の立場が悪くなるためにしてくる行為となるので、そこをしっかり見抜いていくようにしましょう。
それでも質問に対して上手くかわされたり、再び質問で返すような場合は公にできない心理が隠されていると疑いが持てます。
話しの流れで質問に質問で返すような場合が起きたときは、相手が動揺している証拠でもあるのです。
スポンサーリンク