年下 敬語を使う 心理

年下を相手に敬語を使う人の心理と接し方の心得について

スポンサーリンク

他者に対して敬語を使う行為は対人関係を良好に保つための社会的なマナーとして認知されています。
特に接客業のように不特定多数の人と頻繁に接する機会が多い職種に就いている人は相手が誰であっても敬語を使うのが一般的です。
その一方で仕事上の繋がりが無い身近な相手や親しい年下の相手にも敬語を使う人が存在します。
年下に対して敬語を使う人は単に礼儀正しいだけではなく、敬語で会話を行うことで相手との距離感を保つ心理が働いている可能性があります。
敬語は畏まった態度で使うのが普通なので、緊張して接する必要が無い親しい相手との日常的な会話では使わないのが一般的です。
その一方で年下の相手であっても敬語を使うことで、決して緊張することが無い程の親しい相手ではないことを遠回しに示す心理状態になっています。
敬語は礼儀を払うべき相手に用いる話し方である一方、日常生活で慣れ親しむことが無い相手でもあることを暗に示す話し方でもあるので、年下相手でも敬語を用いるのは他者との必要以上の接近を拒む心理状態になっている可能性があります。
スポンサーリンク

年下に敬語を使う人の多くは親族にも同様に接するケースがあります。
特に同居している近親者であっても仕事上の付き合いがある相手と同様に敬語で話をする場合、身近な相手であっても決して心の底から信頼していない心理が働いています。
そのため、そのような人と接する場合は話し方を気にせずに必要な事柄だけを伝え、求める情報を得ることに留めることがトラブルを避けるための心得です。
年下相手に敬語で接する人は心の底からの付き合いを拒む心理が働いているケースが多い一方で、単に丁寧な言葉遣いをすることで社会常識を持っていることをアピールしたい心理状態の人も存在します。
誰にでも丁寧な態度で話すことで礼儀正しい人間であることを示す目的があるため、付き合う際は相手の口調に合わせて会話を進めることが良好な関係を構築するための工夫です。
その反面、人によっては敬語だけで接すると不自然な言葉遣いと解釈されてしまう可能性があるので、相手の状態を観察しながら言葉を選んで話を進める柔軟性が社会人に求められます。
スポンサーリンク