縁石を歩くしぐさ 表情 性格 心理

縁石を歩くしぐさや表情で、性格や現在の心理状態を掴みます

スポンサーリンク

しぐさは、ちょっとしたからだの動きが伴いますが、からだ全体を使ったしぐさなどもあります。
縁石を歩くしぐさなども、周囲や一緒にいる人にとっては、目立った行動となります。
 縁石を歩くしぐさや表情で、性格や心理状態を読み取る事も可能になります。
例えば、縁石を歩くしぐさが危なっかしく、表情がおどけている場合などがあります。
この場合の心理状態は、相手をちょっと驚かせたい気持ちをもっています。
性格としては、ひょうきんな部分もありますが、寂しがり屋な部分も有しているといえます。
 縁石を歩くしぐさ自体が、誰もが行う様な内容ではありません。
表情が笑っている場合には、おどけてはいますが、自分を注目してほしい心理状態も垣間見えます。
間があいてしまうと、やや寂しい感じをもち、自分が面白い行動をとる事で、注目してほしいと思っている状態です。
性格を読むにおいても、自分に注意が注がれていないと、寂しさを感じるタイプといえます。
スポンサーリンク

 縁石を歩くしぐさに、スピード感が伴っている場合には、冒険心のある性格と読み取る事ができます。
集中した表情が見られるのであれば、現在の自分の行動に一直線になっている心理状態です。
一つの事を始めると、熱中する性格でもあり、新しい事への改革者といった立場になる人もいます。
行き止まりまで真剣な表情で実践し、終わったという表情を見せるのは、達成感を味わっている心理状態に変化しています。
新しい事柄などへの反応が速いタイプでもあります。
 縁石を歩くしぐさをする時に、やや暗い表情を見せる場合には、何かに悩んでいる心理状態の可能性があります。
現在の状況を打開したい気持ちが心理状態に働いて、違った行動をとってみたくなっているといえます。
性格については、突然の行動を見せる部分があり、予測していた動きとは違った行動をとるタイプです。
打開策を見つければ、ポジティブに即時順応できる可能性があり、変わり身は早い方でもあります。
スポンサーリンク