親しくなっても敬語で話す 癖 心理

親しくなっても敬語で話す癖とその心理について

スポンサーリンク

初対面の相手に対しては敬語で接することがマナーとなっています。
これは特にビジネスシーンでは相手が自分より目上の人の場合に失礼にあたらないためのものですが、異性と知り合った場合には敬語は相手との距離を測っていると思われることがあります。
しかし親しくなっても敬語で話す人はいます。
これはその人の癖なのかあるいは心理的に距離を置きたいためであるのかといった疑問があります。
異性と付き合っている時には親しくなっても敬語で話す相手とは距離を感じてしまいます。
そのため敬語で話す癖のある人は、気をつける必要があります。
相手からするとこの人はあまり親しくなりたくないと思われてしまい、二人の距離は保ったままとなってしまい相手が離れていってしまうこともあります。
そのため親しくなっても敬語で話すのではなく、ため口で話す癖をつけることが必要です。
どうしても敬語で話してしまう人はやはり奥底で相手と距離をとりたい心理があります。
スポンサーリンク

親しくなっても敬語で話す人であっても、振る舞いなどが丁寧な人はそのような性格であるととらえられ、相手から距離をとられることはありません。
但し人によってはむずがゆさを感じる人もいるため、相手から指摘があった場合にはその人に対してはその癖をださずに話すことも必要です。
指摘されても続けていると相手は嫌がる心理となります。
親しくなっても敬語で話すのではなく、親しくなって敬語を使っていなかったのに途中で敬語を使い始めた場合には、相手が距離をとろうとしている暗示です。
この場合の相手の心理としては、付き合っている相手であれば別れようとしている心理の表れです。
普段ため口で話す癖のある人が敬語を使いだした場合には、相手に対して目上に見ている心理の表れです。
親しくなっても敬語で話す癖のある人は、人との距離を短くしたいのであればその癖を治すように努め、但し目上の人と話す場合には敬語を使うことを意識しなければなりません。
スポンサーリンク