ここだけの話し 癖 心理

ここだけの話しをする癖と心理

スポンサーリンク

ここだけの話しをする癖と心理として、親しい人、友達と、もっと仲を縮めたくて提案する場合が多いです。
ここだけの話しをすると、仲が深まり、結束力を高める効果があるため、仲が既にいい人に使えば、親友になれたり、仲が浅い人でも、深い関係へシフトチェンジできるようになります。
ここだけの話しばかりする癖として、孤独感に耐えられない心理が関わっています。
人は孤独にある程度耐えられるようになっていますが、家庭環境であったり、性格の問題で孤独な空間が耐えられない人もいます。
なので、ここだけの話しを癖になるほど話したりして、孤独から抜け出すような心理が働くときがあります。
ここだけの話しばかりしてしまうと、話した人が他の人に話した時点でここだけの話しじゃなくなるので注意が必要です。
なるべく抑えたい癖や心理なので自分である程度、ためらう心も必要であることがわかります。
ですが、仲を深めるのにはとても最適な魔法の言葉です。
スポンサーリンク

癖や心理が前もってわかっている人には、秘密の話はあまり通用しません。
通用する人は何も知らない無垢でピュアな人が圧倒的有利な状況になってしまいます。
ピュアでも無い、世間を知りすぎた人は、ここだけの話しを聞いても、ああそうかだけで終わるパターンがあるため、話す人の性格を熟知しておく必要があります。
癖や心理は、自分では治しにくいものですが、必ずしも治せないわけでは無いのでゆっくりとした時間が必要になってきます。
人と秘密の話を共有する空気や空間は楽しいですが、その秘密の話の内容によっては人にばれてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうため、話の内容を理解した上で相手に伝えるのが吉です。
自分が言われて嫌なことは、秘密の話として持ち出さないこと、秘密の話というだけで、他の人に伝えたい魔力を持っているので注意深い判断がものをいいます。
ここだけの話しは、ここだけで終わらない可能性もあるので、時と場合を見極める必要があります。
スポンサーリンク