変わった笑い方 癖

変わった笑い方の癖について

スポンサーリンク

人は様々な癖を持つものですが、感情が表に出ている時にこそ癖が出やすいものです。
例えば悲しいことや悔しいことがあって泣いているとき、どのような泣き方をするでしょうか。
声もなく涙だけを出して泣く人もいれば、大声をあげながら泣く人だっています。
感情の表し方は人それぞれで、喜怒哀楽全てにおいてその人の癖を見つけることができるのです。
笑う時、どのような笑い方をするかにもその人の癖が現れます。
「あはは」といったよく笑い声を表わすのに使われる言葉そのままの笑い方をする人というのは意外と少ないものです。
中には変わった笑い方の癖がある人もいます。
家族や友人、知人に変わった笑い方をする人はいないでしょうか。
もしかしたら、気付いていないだけで、自分自身も変わった笑い方をしているかもしれません。
泣き方や怒り方と同じように、笑い方の癖によって相手に与える印象が変わってきます。
自分自身が変わった笑い方をしていないか一度チェックしてみるといいでしょう。
また、周りの人がどのような変わった笑い方をしているのか気を付けることで、その人の性格なども垣間見ることができることとなります。
スポンサーリンク

では、どのような変わった笑い方があるでしょうか。
例えば、大きな声を出して口も大きく開けて豪快な笑い方をする人というのは男女問わずいます。
こういった人は相手に陽気な印象を与えます。
また、人によってはもしかしたら、その笑い方の裏にはその人の繊細な気遣いというものが隠されていることもあります。
相手の話に対して大きな声で笑うことで、会話を盛り上げようという意図がある場合もあるのです。
反対に、笑い声を大きく出さずに含み笑いをする人もいます。
この含み笑いをする人は、相手に対して笑いだけではない何か別の感情を含んでいるのではないかと感じさせることもあります。
笑っている時に、自分の両手を叩く人というのもいます。
こういった笑い方をする人は、サービス精神旺盛であるといえます。
話がとても面白いということを一生懸命身体全体で表そうとします。
変わった笑い方の癖があることに自覚を持ち、それが相手にどのような印象を与えるのか意識することはとても大切なことです。
会話の中で笑うということはコミュニケーションを円滑にする一つの手段でもあります。
相手に良い印象を与えるような、そんな笑い方を身に着けるようにしましょう。
スポンサーリンク