虚言癖 人格障害 チェック

虚言癖がある人の人格障害のチェックポイントについて

スポンサーリンク

虚言癖がある人の中には何らかの人格障害を持っている人がいます。
そして人格障害をチェックするポイントとしてはいくつかあります。
例えば自分を大きく見せるために、自分の経歴や仕事を嘘をつく人がいます。
このような人は妄想の中の自分と現実とのギャップを埋めるために嘘をつくと考えられています。
このような虚言癖がある人のチェックポイントとしては、嘘の内容が誇大妄想的であるという特徴が挙げられます。
また仮に他人がその嘘を暴いてしまうと激怒する傾向があります。
この理由は、自分を誇張する虚言癖がある人は、本当の弱い自分を隠そうとするので、それを暴こうとする人に対しては攻撃的になるのです。
また人格障害のチェックポイントとしては、嘘の工作を必要以上に行うという特徴があります。
普通の人は嘘をついても、必要以上にアリバイ工作をしたり、書類等の偽装をする人は少ないです。
しかし人格障害の人は、書類偽造等の犯罪行為をしても偽装工作をする傾向があります。
スポンサーリンク

虚言癖がある人の中には人格障害を発症している人がいます。
そのような人は早急に心療内科やカウンセリングの治療が必要となります。
人格障害を見分けるチェック項目としては、嘘をつくことに罪悪感を抱いていない事が挙げられます。
人格障害を発症している人は他人よりも自分への愛情が強いために、他人を傷つける嘘を平気で言う事があります。
普通の人は嘘をつくときに緊張をしたり、早口になることが多々あります。
しかし虚言癖を持っている人は嘘をつくことに罪悪感がないために、そのような緊張等の特徴は出ません。
また虚言癖がある人の中には、自分のトラウマを隠すために嘘をつく人がいます。
例えば幼少期に親からの愛情が足りなかった人は、自分が注目されるために平気で嘘をつく人がいます。
このような虚言癖の人を見極めるチェックポイントは、発言内容が自分中心であるかどうかです。
また、言動に矛盾がある点も重要なチェックポイントになります。
スポンサーリンク