話し方 笑い方 癖 心理

話し方や笑い方の癖をもつ人の心理状態は、抑制の気持ちもあります

スポンサーリンク

人との会話の場面では、各人の個性や特徴などが出てしまう事もあります。
そこから読み取る心理状態によって、相手の気持ちを探る事もできるのです。
 話し方や笑い方には、癖をもつ事も多くなります。
例えば、話し方や笑い方の中で、口に手を当てるという癖をもつ人もいます。
心理状態としては、二つが推察できます。
一つには、視覚的な面で、例えば歯など、口元を気にしている人も存在します。
話し方や笑い方には、口元が相手、周囲の人にも視線に入る事になります。
もしも、歯並びや歯の状態にコンプレックスをもっている場合には、口元を隠す様な状態を作る事があります。
心理状態には、見た目のコンプレックスが存在しているといえます。
 口元に手を当てる話し方、笑い方の癖をもつ背景の二つ目には、行き過ぎを防止している心理状態なども読み取れます。
話し過ぎ、あるいは笑い過ぎ、などの状態を抑制する働きを見せています。
自分を律する行動として捉える事もでき、職場など公の場所で多く見られる場合もあります。
 スポンサーリンク

 話し方の癖として、おいでおいでという手の形で、相手を叩く様な素振りをする癖をもつ人もいます。
話し方に、どうしても手の動きによるジェスチャーが付随してしまう場合です。
行う人の心理状態としては、相手に対して話を聞いて欲しい気持ちが大きくあります。
更に、相手の話を聞くという役割に転じた時にも、行う場合があります。
この時には、相手の話に反応している訳ですが、『本当に』などという言葉を発しながら、相手への同調を示す心理状態があります。
 また、笑い方に癖をもつ人もいます。
鼻で先にフンッと軽く発してしまう場合があります。
この場合は、例えば、内容よりも会話をする相手に対して、好ましくない関係性が存在している可能性があります。
相手を多少見下す様な場合に、鼻で先に呼吸と音が出てしまう笑い方になります。
唯、鼻で笑うのが癖になってしまっている笑い方の場合、心理状態にも物事に動じないなどの気持ちが存在している人もいます。
取り敢えずの反応として、鼻で笑ってしまうのが癖になっているといえます。
スポンサーリンク