癖 お腹を触る

お腹を触る癖のある人

スポンサーリンク

癖とはその人の性格が出るものだと言われています。
これは心理状態を反映していることが多いからです。
 では、お腹を触る癖がある人は一体何を考えているのかと言いますと、胃腸に不安を抱えていることがあります。
 これは生来病弱な人が、自分の弱点を守ろうとしてそれをやっている、ということがあります。
 ストレスや暴飲暴食などで胃腸の病気を患った、という人にもこれは当てはまるため、お腹を触るのが癖になっている人は、そこが脆い可能性が高いと言えます。
 気弱で自信がないから、お腹を触る癖が身についた、という人もいます。
 こちらはお腹を触ることで、何らかの癒やしを得ようとしている、あるいは弱い部分を他者の攻撃からガードしたい、という願望が無意識のうちに出ているのです。
 このように、お腹を触る癖とは、脆いところを隠そうとしていることから来ているのです。
 そのため、それに気づいても指摘しない方が、その人のためにはよいと言えます。
スポンサーリンク

 自分ではなく他者のお腹を触る癖がある人は、一体何を考えているのかと言いますと、他者とスキンシップを取りたい、と考える傾向にあります。
 これは腹部という目立つ部分を触ることで、他者に相手との関係が親密であることを示したい、という願望が潜んでいる、ということもあります。
 そのため、これを習慣化している人は、友達が多いことを自慢したいタイプ、または寂しがり屋で常に他者との繋がりを求めている人、となります。
 触る相手が同性ではなく、異性の場合でもそれは当てはまります。
彼らはスキンシップを取ることが関係の緊密化に繋がると信じているため、他者が注意しても直らないことが多いのです。
 このように、お腹を触る癖がある人は、何かしらの不安を抱えていることが多いと言えます。
 しかし、周囲の迷惑にならない限りは、許容しても構わない癖なので、そこを意識しておきましょう。
 何をするにしても、ルールを定めておき、そこからはみ出さない限りは問題なしとすることも大切なのです。
スポンサーリンク