靴の匂いを嗅ぐ 靴下の匂いを嗅ぐ 癖 心理

靴の匂いを嗅ぐ、靴下の匂いを嗅ぐ癖で考えられる心理とは

スポンサーリンク

自分の臭いが気になる人は多いですが、靴の匂いを嗅ぐまたは靴下の匂いを嗅ぐような行為をする人がいます。
少し引いてしまう行為にも見えますが、さすがに人前ではやりません。
靴の匂いを嗅ぐ、靴下の匂いを嗅ぐ行為は1人のときにこっそりとしてしまうので、周囲にばれずに癖になってしまうようです。
しかし、そのようないきすぎた行為をしてしまうのには何か原因があるのでしょうか。
実は自分の臭いをかぐ癖のある人には、動物本来の心理が隠されていたのです。
靴の匂いを嗅ぐ、靴下の匂いを嗅ぐ癖のある心理には、動物の習性であるマーキングが影響されています。
マーキングとは、自分の臭いを押し付けたり、他の動物の臭いを確認する行為です。
犬や猫などが普段から行っている行為であり、縄張り意識や他の動物をよく知るための意味を持ちます。
こういう臭いに対する癖を持つ人は、野性的な本能が強い心理が見て取れます。
自分や他人を確かめるための非常に強い衝動であり、野生の欲求が十分にあらわれている行為なのです。
スポンサーリンク

自分が履いていた靴や靴下には、ある程度の体臭が染み込みます。
それを確認したい欲求は実に野性的であり、逆に言えば理性が足りないとも言えます。
体臭は臭いというイメージが強いため、それを嗅ぐ心理が理解できないという人も多いでしょう。
しかし、自分の体臭に興味を持ち、それを行動に移すのはやはり野生の本能が勝ってしまうために臭いを嗅いでしまうのです。
これ以外で考えられる心理では、靴の匂いを嗅ぐ、靴下の匂いを嗅ぐ癖は単に臭いに興味がある場合です。
自分の体臭がどれほどのものなのかを確認してみるのと同時に、他人に迷惑をかけていないかも分かります。
足の臭いは人によっては強くなってしまう場合があるので、定期的に確認することで癖になってしまったという理由も考えられます。
靴の匂いを嗅ぐ、靴下の匂いを嗅ぐような行為は、エチケットのために繰り返し行う人もいるのです。
以上をまとめると、靴の匂いを嗅ぐ、そして靴下の匂いを嗅ぐといった癖は、その人の本能や体臭の悩みが心理に影響していると見られます。
スポンサーリンク