膝やつま先の方向 癖 心理

膝やつま先の方向と癖や心理

スポンサーリンク

毎日の生活の中で歩いたり走ったりというようなことがあります。
そして立ち止まったときにつま先やかかとの方向がどのようになっているのかをあまり意識したことがないという人が少なくありません。
しかしこの膝やつま先の方向に心理が出るというような癖があります。
これを頭に入れておくと、相手や自分の考えていることを把握することができます。
ふとしたときに、相手に対して膝やつま先の方向に心理が出ているというような癖が現れることがあります。
これは心理の表れと判断することができます。
このような心理が膝やつま先の方向として出ているときには、その方向が相手に対しての感情や興味を表していると考えられています。
したがって自分の癖を確認するようにします。
膝やつま先の方向のくせに関して、相手に対して向かっていると言うことになれば、相手に対して感情や気持ちや興味などを受け入れていると考えることができます。
逆になると興味があまりないと考えることができます。
スポンサーリンク

相手と喫茶店などで話をするときに、正面に座ることがあります。
このときに膝やつま先の方向が相手に向いているというのが多くなっています。
しかし膝やつま先の向きが相手の人と違う方向を向いていると言うことになれば、相手の話や顔を見ているのも関わらず、ほかのことを考えている心理状態と判断することができます。
腰やつま先の方向と考えられていますが、実際には顔や腕の方向が相手に向いているかどうかで判断することもできます。
このような癖があるので見てみると面白いです。
公園にはベンチがありますが、このときにお互いに横に並んで座るのが基本です。
しかしこのような状態でも、会話の中で顔が相手の方向を向いていたり、膝やつま先の方向が相手に向いているというような癖がある人は、相手に対して関心があるという心理状態となります。
このように体の向きなどの癖によって、どのような心理状態であるかを判断することができます。
恋愛や会議などでも判断基準として使うことができます。
スポンサーリンク