お腹足癖 しぐさ 心理

お腹、足癖などに関係するしぐさや癖から分かる心理

スポンサーリンク

お腹足癖などのしぐさや癖からはさまざまな心理が隠れています。
お腹や足癖などのしぐさで足を組む癖はめずらしくないです。
この癖には足を組んでいると精神的に安心する、落ち着くなどの気持ちがあらわれています。
理由は人の体のバランスは必ずしも左右対称とは限らず左右のどちらかに歪んでいる場合が多いです。
そのために体のバランスをとるために足を組むことで安心する、落ち着くといった心理状態になります。
ですが足の組み方によっては真逆の心理を表しているしぐさの可能性もあります。
足を軽く組んでいる場合と力が入っている場合の違いです。
軽く組んでいる場合には精神的な安心を求め体のバランスを求めている心理状態と考えられますが、足を強く組んでいる場合には相手に対して防御の態勢を取っている状態で拒絶や話を聞きたくないなどの気持ちのあらわれになります。
お腹足癖からみられる心理状態には他にも様々なものがあります。
同じしぐさでも上記のように意味が違ってくる場合もあるので正しく読み取ることで人間関係が悪化することを防ぐことができます。
スポンサーリンク

お腹足癖などのしぐさや表情などから相手の意識を探ることができるといわれています。
人は無意識のうちにお腹足癖などの癖やしぐさなどでいろいろな気持ちを表しています。
これらのサインをうまく読み取ることができれば人間関係の悪化を防ぐことができ様々な場面で役に立てることができます。
人間の心理は無意識で行われる潜在意識と意識して行われる表層意識に分けられます。
自分自身の思考や行動などをきちんと意識できているのはおよそ2割程度だといわれほとんど本能や潜在的な欲求などの無意識な部分でできています。
自分自身が思っている自身の性格と他人から見た自分の性格が違うのは潜在意識と表層意識が人間の心理に隠されていることが理由だといわれています。
お腹足癖などのしぐさや癖で人の心がわかるのは人には脳が支配している部位のうちウソがばれやすい部位とばれにくい部位があり上半身の顔・頭・手・腕・肩などは比較的深層心理を隠しやすい場所といわれています。
逆に脳から遠い下半身は比較的コントロールが難しいといわれています。
このような理由からお腹足癖などの癖やしぐさで人の心を読み取ることができるといわれています。
スポンサーリンク