バタバタ音 歩く セッカチな心理 自己中心的

バタバタ音で歩くのはセッカチな心理や自己中心的な面があります

スポンサーリンク

人の歩き方によって、あるいは履く靴によって、音が出る場合もあれば、静かに行動できる人もいます。
歩き方を分析する事で、心理状態などが読める場合もあります。
 バタバタ音を立てて歩く人も見られます。
場所によっては、かなり周囲にも音が響く状況となる行為でもあります。
バタバタ音を立てて歩く人は、セッカチな心理状態にあります。
本人にしてみれば、次に何か行うべき事が控えていて、慌てている場面の場合もあります。
自分の事情を優先した、やや自己中心的な行為であるともいえます。
 バタバタ音を立てて歩く人は、日頃の生活の中で、何をするにもセッカチな心理状態をもっている人でもあります。
自分でセッカチな性格だと認めている人もいます。
唯、音を立てて歩くのは、周囲にも音が響く、あるいは周囲も焦らせてしまう、という事に考えが及んでいません。
やや自己中心的な面を擁しており、本人は自己中心的な行為という事に気付いていないと推察されます。
スポンサーリンク

 職場などでも、バタバタ音を立てて歩く人はいます。
職場の場合には、毎日仕事をする慣れた場所であり、周囲の人も多少面識がある事になります。
本人のセッカチな心理状態が読み取れますが、周囲を意識していない自己中心的な部分もあります。
職場の場合、確かに仕事を遂行する事が優先になりますが、それは職場の人誰もが同じ状況です。
周囲の人は、静かな中で勤務に勤しんでいれば、バタバタ音を立てて歩く行為に、集中力が切れる可能性もあります。
急いでいる案件があっても、なくても、常にセッカチな心理状態に、やや自己中心的なっている人が多いといえます。
 職場などの場合には、比較的静かな環境で仕事をする会社もあります。
出る音なども、ある程度限られている場所では、バタバタ音を立てて歩く行為、人が目立つ事もあります。
その様な場所、あるいは周囲の人への配慮をせずに、セッカチな心理状態が際立っています。
本人にとっては、仕事、何かやる事が優先されている状態かもしれませんが、やや自己中心的な行為と判断されます。
 バタバタ音を立てて歩く人に対しては、セッカチな心理状態、自己中心的な部分も認められます。
しかし、周囲の人にとっての人物評価は、案外いつも急いでいる人、程度と捉えられている事も多くなります。
スポンサーリンク