皮膚むしり症 スキンピッキング 脅迫性障害

皮膚むしり症別名スキンピッキングには、脅迫性障害が隠されている

スポンサーリンク

皮膚むしり症とは、ニキビや傷のかさぶたの患部を無理に剥がしてしまったり、皮膚を傷つけるような行為を故意に行ってしまうことを言います。
これを別名スキンピッキングとも言い、精神的な問題が隠されていると言われます。
皮膚むしり症はいつの間にか手が皮膚をいじってしまい、後悔の念が残るもののまた繰り返してしまう症状があります。
皮膚にあるできものやささくれなどの皮をむしりたくなるのは、ほとんどの人がそういう心理に当てはまります。
しかし、皮膚むしり症の場合は単なる癖ではなく、病気と取れるような行動です。
医療ではこれを脅迫性障害のあらわれとしており、治療が必要な状態であるとされています。
皮膚むしり症の原因とされる脅迫性障害は、必要以上に自分が定めたルールに従順になってしまう症状です。
典型的な例が、手を洗い過ぎたり毎日同じ場所を掃除するなどして、安心感を得ようとします。
それをしないと強い不安におそわれてしまうため、ますます自分を追い込もうとする精神的な病気です。
皮膚むしり症またはスキンピッキングに当てはまる脅迫性障害は、なぜ起こってしまうのでしょうか。
スポンサーリンク

皮膚むしり症であるスキンピッキングは、症状が悪化してしまうと皮膚がボロボロになるほど痛々しい状態になってしまいます。
一種の自傷癖とも言える行為は、止めたくても簡単には止められません。
そこには脅迫性障害が強く関係しており、この症状を持つ人は真面目で完璧主義な面が強い人です。
少しでも怠ってしまうとミスにつながる可能性を極端におそれます。
心配性な面から脅迫性障害につながる可能性も高く、怠惰な人から見ると見習うところもありますが、そこまで自分を追い込む姿に理解が得られません。
脅迫性障害は世界的に見ても日本人に多いと見られています。
海外にもこのような理由でスキンピッキングをしてしまう人はいますが、日本人の場合は独特な文化の影響もあるために、いわゆる管理が求められる風潮が強いです。
もっと楽な生き方へ方向転換すれば、皮膚を傷つけるようなスキンピッキングもしなくなってくるでしょう。
脅迫性障害を治すには専門の治療が不可欠とされています。
自己を優先させた価値観で過ごしていくのが、皮膚むしり症別名スキンピッキングを抑えていく効果につながるのです。
スポンサーリンク

関連ページ

帽子をかぶるのにも隠された心理がある
人の後ろを歩く癖と性格の心理状態
頭をかきむしる癖や頭をかく癖の心理
頭たたく行動をとる心理と性格について
頭をかく癖や行動の裏側にある人間の心理
頭をかく癖とフケを出す心理
額を触る癖や額をこする癖がある人の心理状態について
服を触るしぐさと母性本能について
咳払いのしぐさをする時の人間の心理
ポケットに手をいれる癖と感情を隠すこと
飴かむしぐさによって、忍耐力性格の高低がわかります
鉛筆をかむ、ペンの端をかむ心理
ガム音立てて噛む、口を開けて噛む心理状態は、焦りなどもあります
運転する性格がかわる癖や心理について
ストローを噛む癖 その心理とは
ストロー噛む癖と心理について
貧乏揺すりの癖のある人の心理を見抜く
運転中に歌を歌う人の心理
隠れて舌を出す人の心理に迫る
自分と似た人好きになる癖は恋愛心理でミラーリング効果と呼ぶ
服の胸元をつかむ癖や襟をつかむ心理について
体に回す手の位置で彼の思いや恋愛心理を図る事ができます
「俺ってかっこいい」と何度も聞いてくる男性心理とは
偉そうにアゴを突き出す癖がある人の心理
顔をさわる癖の背景にある心理とは
顔の部分を触るしぐさは嘘ついている心理状態が読み取れます
様々な意味がある〜頭を叩く人の心理
顔をこする心理について
耳を引っ張る癖と心理について
ペン回しの癖の精神安定行動について
電話中に落書きをする癖は、イライラの心理からきています
後ろを歩く人の心理について
帽子をかぶる人の心理について
その咳払いの癖、実は病気かも
服を触る、直す癖をもつ心理状態は、不安な気持ちもあります
領収書や切符をクシャクシャにしてしまう癖の心理とは
運転する性格がかわる人の心理と運転中に出る癖
耳かきの癖に関係している違和感や心理
忙しいをアッピールする癖は、自己顕示欲をもつ心理状態があります
どか食いの癖は、ストレスによる摂食障害の可能性があります
ドカ食いをする癖とそこに関わっている心理
片付けできないために部屋が汚い人の性格
メールやlineの返事遅い人の性格について
人前でおならをする癖のある人の心理とは
新聞や雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖からわかる心理