手指爪 癖 しぐさ 心理

手指爪の癖やしぐさ、その心理とは

スポンサーリンク

手指爪は癖が出やすい部分です。
子供時分のときのそれが大人になっても出てしまう、という人は珍しくありません。
 手指爪を噛むのが癖になっている人は、神経質であることが多いとされています。
これはそのしぐさをすることで、そちらに気を向け、ストレスから逃れたいと考えているのです。
 これは心理的に不安定であることを意味してもいます。
心理とはしぐさになって現れやすく、それが周囲にいる人たちも不安にさせることがあるのです。
 手指爪を触るのが癖になっている人の多くは、そうすることで自身あるいは他者の存在を確認したい、と考える傾向にあります。
 これは感触を確かめたいという心理が、しぐさになって出てしまうパターンです。
 これが癖として習慣化している人は、寂しがり屋でもあるので、周りも当人の気質に気づきやすく、その対処はある意味で容易だと言えます。
 このように、手指爪にまつわる癖やしぐさは、その人の心理状態に直結しているのです。
スポンサーリンク

 手指爪を見つめるのが癖になっている人は、何かを見ることで気を紛らわせたい、と考えています。
 これは身近な存在だから目が行きやすいだけとも言えますが、それをする人の多くは、嫌なものから目を逸らしたいとも思っているのです。
 ストレスに弱い人、または恒常的に心理的な圧迫感を感じている人がそのしぐさをやりやすく、周りがそれに気づいたら注意する必要があります。
 手指爪を飾り立てるのが癖になっている人は、身体の一部を飾ることで、他人からの注目を集めたい、と考える傾向にあります。
 これは周りからは単なる目立ちたがり屋だと思われがちなのですが、寂しさを誤魔化すためにそれをしている人が多く、その場合だと派手なしぐさもそこに加わるため、周囲からもそれが分かり易くなります。
 手指爪はその人の心理状態が反映されたものなのです。
相手が何を考えているのか気になる人は、まずはそこをチェックするようにしましょう。
 そうすれば答えは自ずと見えてきます。
スポンサーリンク