他人の爪 触る 癖 心理

他人の爪を触る癖と心理

スポンサーリンク

他人の爪を触る癖と心理は、甘えん坊で欲求不満で構ってちゃんに多いです。
他人の爪を自分の爪のように触るしぐさや癖は、心の中で、自分を良く見せたり、触れたいという心理に基づいて行動しています。
他人の爪は、親しい人では無いと触らないというほどのテリトリースペースでもあります。
そのテリトリースペースに触りたいという場合、自分自身にも好意を抱いて欲しかったりします。
ただ単に癖の場合もありますので、相手が何を考えているのか見破る癖を身につけるのがいいです。
心理を読み取ると、相手のことを面白いほど手玉にとることができます。
他人の爪を触る延長線として、身体に触れたい、もっと自分に気を向けて欲しいという感情や心理が紛れ込んでいます。
ですが特に親しくも無い友人の爪を触る場合、相手に不快感を与えてしまう恐れがあるので限度を保ちつつ行動をするのが一番適切です。
他人の爪を触る癖は、モテる男性、女性が使っている行動とも読めます。
スポンサーリンク

ただ単に爪が好きな爪フェチである場合もあるので、よく観察することが大切です。
観察することで相手の心理や癖、本音などを見抜くことができます。
相手の爪にマニキュアやトップコートが塗られていてすべすべするのでつい触ってみたかったなんて場合もあるので状況をよく判断することが大切です。
多いのが甘えん坊で、誰かが常にそばにいないと嫌だという人なので、付け上がらないように接したり、なるべく構ってあげるのが吉です。
他人の爪を触る癖は、はたから見たらマイナーな方で理解されない部分もありますが、心理を読み取ると、この人はこんなことを考えていたんだ、こういう人だったんだと目から鱗が落ちることがあります。
もしも他人が自分の爪を触りたいと言った時は、その人もまた甘えん坊で構ってちゃん体質を持っています。
なるべく二人で共依存することになってしまったなんてことにならないように注意が必要です。
適度な距離感を持って話すのがいいです。
スポンサーリンク