癖 指鳴らす 心理 原因

ポキポキと指鳴らす癖となる原因と心理

スポンサーリンク

ふとしたときに、ポキポキと指鳴らす人がいます。
男性に限らず女性でもポキポキと指を鳴らし、周囲もその音に対して気になることもあるといいます。
よくマンガやドラマなどでは指鳴らすのを強さの主張するようなしぐさに使われることがありましたが、実際に癖づいた行動となると、強さを主張するものではなく別の心理が働いているといいます。
その心理とはどういったものなのかといいますと、これはよくプチプチをする心理と似たようなものといわれています。
ビニールのプチプチをプチップチッと音を鳴らすことで気分がすっきりするものを感じる人は多くいるかもしれませんが、その気持ちと同じような感覚で指鳴らす癖を出してしまうのです。
そのため、気分をすっきりさせたい心理が働くことから、指鳴らす癖が出てきてしまう原因となってしまうのです。
ついつい癖でポキポキ鳴らしてしまうことがありますが、あまりに鳴らしすぎると指の関節にあまり良い影響を与えないといわれています。
スポンサーリンク

指鳴らす癖をし続けることで、指が太くなる原因につながってしまうといわれています。
指鳴らすポキポキという音は、関節内の液状がはじける音なのです。
その音が鳴ることによって軽く関節が炎症を起こしています。
その炎症から指を保護するために関節を強くしようと細胞が働くため、指が太くなる原因につながってしまうのです。
気分をすっきりさせたい心理から鳴らしてしまう癖はなかなか直せないかもしれませんが、そのすっきりさせたいことを別のやり方で切り替えて行なうことで、指鳴らす原因を直すことができるようになります。
たとえば、プチプチをするなども効果的です。
特に女性はスラッとした指にしたく思う人は多いものです。
指を太くさせたくなければ、その原因となることをやめることです。
ふと気がつけばやってしまっている場合は、なにか気分の良くない心理が働いているかもしれません。
その心理となる原因が働かないように、ストレスをためないようにすることも大事です。
スポンサーリンク