指の皮むく 癖 心理 対処法

指の皮むく癖の心理の対処法

スポンサーリンク

指の皮むく心理についてまずは説明します。
元となるのは赤ちゃんの指しゃぶりからが源流となっています。
指をしゃぶることから必然的に指の皮むく様になっていき、それがだんだん癖になっていくことになります。
また指の皮むく癖は心理的に指しゃぶりと同じなので、安心感が生まれる状態となります。
そういったことから指の皮むく行為は安心感につながります。
さらに、指の皮むく行為が根本的に快感につながることもあります。
特に恥ずかしげもない幼少期から指の爪を噛んだり皮をむくこととなるので、対処法としてはなかなか難しいが、染み付いたものに対しては禁止するなどのストレスを与えるよりは、むしろさらなる快感が得られる行為へのシフトをさせることで、心理的に安心するので対処法としては目指すべき形であると考えられます。
しかし、弊害をまたさらに生み出すことが考えられるため、はっきりした対処法はいまだに難しい点が多く残る様に思えます。
スポンサーリンク

指の皮むく癖において、さらなる対処法は、興味を持つ事案や事柄、対象を増やすことにあります。
具体的には本を読む、テレビを見るといった行為です。
テレビを見ながら指の皮むく可能性もありますが、実際にフェールセーフ、フールプルーフといった人間工学的見地を用いると癖の対処法としては最も能力を発揮しやすいように思えます。
具体的にはゲームです。
つまり両手がふさがるので指の皮むくことができなくなり、興味が他に向くため癖が発揮されにくく、さらに心理的なストレスもないので対処法としてはうってつけです。
両手がふさがる、口が使えないといった状況を意図的に作り出すが、心理的ストレスを与えるとさらに癖を発揮する可能性が高いので、あくまで心理的なストレスがないように対策してあげることで、癖から逸脱できます。
しかし、大人になってからであると癖の期間が長いため逸脱しにくくなるため、いかに幼少期に心理的なストレスなく対処して挙げれるかが結論といえます。
スポンサーリンク