指を噛む癖 原因

指を噛む癖の原因はストレスかも

スポンサーリンク

子供の頃は良く見かけた指を噛む癖がある大人がいます。
これは子ども、大人関係なく、指を噛む癖に隠されている原因は同じであると言われています。
それはストレスです。
子供に指を噛む癖がある場合、その原因は口さみしさが原因です。
赤ちゃんの頃はお母さんの母乳を飲んで育ってきた子供は、その行為に安心感を覚えます。
指を噛む癖は母乳を飲むのと同じような行為を行うことで安心感を得たいと感じているのです。
更新欲求行動と呼ばれているもので、寂しさや不安、いらだちを感じた時に行ってしまいます。
大人になってもいらだちを感じてしまったような場合にそれがストレスとなってしまい、ストレスを解消するために自分を安心させるため指を噛む癖が出てしまうということがあります。
指を噛む癖がある人は不安定な性格の人が多いとも言われていますが、ストレスや不満がたまりすぎてしまったことも原因になってしまうので、まずはストレスを解消することが重要になります。
スポンサーリンク

原因であるストレスを上手く解消できないと、指を咬む癖が悪化してしまうことも少なくありません。
それと同時に常に口のそばにある唇を噛んだり、口の中を噛むという行為に発展してしまうこともあります。
この場合には癖というよりも自傷行為だ、と言われることもあります。
自分を傷つけることによって親や周囲の関心を引きたいという気持ちが隠れているので、やめなさいと言われても、自分で止めようと思っていても難しいということがあります。
専用の苦みがある薬を指に塗っておいて噛むたびに気づくという方法もありますが、仕事をしている時には難しいこともあります。
自分が誰とどのような関係を築きたいのか、なぜ関心を持ってい欲しいのかという背景を知ることも改善には重要なポイントとなります。
自分では治せない、原因がわからないという場合には専門の医師に相談してみるのも良いでしょう。
症状が悪化してしまうと治療に時間がかかってしまうため、なるべく早めに治療をスタートさせるようにしましょう。
スポンサーリンク