指差し癖 話し 心理

指差し癖を持つ人の話し方とその心理

スポンサーリンク

指差し癖を持つ人というのは、話し方が命令口調になることが多いとされています。
これは彼らが相手に対し、心理的に優位に立ちたいと考えているからです。
 これは主導権を相手に握られるのが嫌でたまらない、というタイプによく見られるものです。
 単にプライドが高いだけとも言えますが、過去のトラウマがそうさせている可能性もあるため、一概に悪いとは言えません。
 指差し癖がある人の心理としては、そうすることで他人から注目を浴びたい、と考えていることもあります。
 これは話し方にも影響を及ぼすため、聞いている方も何となくそれを察することができるようになっています。
 指差し癖を持つ人の多くは、自分の主張が正しいと考える傾向にあり、他人が反論を述べても、耳を傾けないことが多いとされています。
 こうした相手と接するときは、衝突したくなければ、黙って話を聞くようにしましょう。
 そうすることで話し手は心理的な満足感を得られるので、無用なトラブルは避けられます。
スポンサーリンク

 指差し癖のある人の話し方としては、マニュアル重視、というのもあります。
 これは規則として定められていることを守るのは当然だという心理がそうさせているのです。
 こういうタイプは融通が利かないことが多く、実情にそぐわなくなったことでも、規則の一点張りで通すことが多いと言われています。
 指差し癖の人は、他人の感情の動きに鈍感、ということもあります。
これはその人の話し方が周りからは何となく偉そうに聞こえるのに、当人はそれに気づいていない、というパターンが最も多いのです。
 本人は心理的な反発を招くつもりはないのに、周りの反応は冷たいものとなると、トラブルの原因になります。
 そのため、指差し癖のある人が周囲との関係改善を望むのであれば、何が不満なのかを確認するようにしましょう。
 話し方というのは、このように心理状態が出やすいものなので、日頃から注意する必要があります。
 何をするにしても、周囲から誤解されないのに越したことはありません。
スポンサーリンク