手の平を触る つねる 癖 心理

手の平を触る、つねる癖の心理について

スポンサーリンク

会話中に頻繁に手の平を触る、つねるような仕草を見せる人がいます。
そのような癖を持っている人の心理には様々な事が考えられます。
まず1つ目に挙げられることは、手の動きというのは言葉よりも人間心理を表現していると言われています。
そのため会話中に手の平を触る、つねるような仕草を見せる人は自分の感情を隠している可能性があります。
例えば本当は悔しい心理状態であるのに、仕事の場面などでその感情をストレートに表現できない場合があります。
そのような時に手の平を触る、つねる仕草によって、自分自身の感情をコントロールしようとする心理状態が働くケースがあります。
特に手をつねる仕草を見せる人は、自分の意見を抑えている可能性が高いです。
そのためもしも仕事の後輩などでこのような癖がある人を見かけた場合は、じっくりと話を聞くことが信頼関係を構築する方法となります。
また、会話中に手の平を触る、つねる癖がある人は注意力が散漫な場合があります。
スポンサーリンク

会話中に手の平を触る、つねる癖がある人の心理状態については様々な事が考えられます。
まず挙げられることは、会議中に退屈している場合は気を紛らわせるために自分の手の平を触ったり、つねる仕草をする場合があります。
このような手の動きをする人は顔が平静としている事が多いです。
その根底には、周囲に退屈している事を知られたくないという心理状態が隠されています。
また、緊張をしている人も必要以上に自分の手の平を触る、つねる仕草を見せる場合があります。
人間は緊張している状態の時は、身体を動かして気持ちをリラックスさせようとする場合があります。
また、会話中に手の平を触る、つねる癖がある人は自分の本心を言わない事が多いです。
自分の本音をすぐに発言する人は、手の平を触ったり、つねる癖を見せずにズバズバと自分の思っていることを発言します。
また、会話中に手の平を触る、つねる仕草を見せる人は、人の話を聞かない傾向があります。
スポンサーリンク