手を後ろに組む 心理

手を後ろに組む人の心理について

スポンサーリンク

手を後ろに組む人の心理としては相手を警戒している時です。
手の動きなどで相手にこちらの考えていることを悟られないようにする心理がうかがえます。
手の動きによっても考えていることを相手に悟られることはあります。
手に汗をかいているようであれば緊張していて冷静な判断ができない状態であることがわかりますし、しきりに手をさわっているのであれば落ち着きがない心理を悟られます。
また腕を組んで相手の話を聞くことも相手に警戒心を抱かせることになります。
これは手を後ろに組むことと同じようにビジネスではマナー批判となります。
特に相談相手と話をする時には手を後ろに組むことや腕を組むことは相手に対して信頼できる人という心理とならずに、警戒心が強く信用できない相手と思われてしまいます。
商談の時には相手の目をみて話し、腕や脚を組むことなく真直ぐに商談の話をすることです。
手を後ろに組むと相手に警戒心を与えるだけでなく、偉そうにしているようにも見えます。
スポンサーリンク

手を後ろに組むのではなく前に組む時の心理としては、ストレスから逃れたいといった気持ちや強い不安を感じている時にする傾向があります。
そのため話している相手には警戒心を抱かせたり信用できないという心理を与えてしまいます。
一番良いのは素直に聞いている時には手を足の横にして話をすることです。
ビジネスではなかなかたったままで相手と話をすることは少ないですが、話をする時には手の位置を意識して話すことがマナーにもなります。
手を後ろに組むことが癖になっている人は特に気をつける必要があります。
これはビジネスシーンだけでなく、異性と話をする時にも同様です。
手の位置でも相手に対して警戒心をもっていたり真面目に話を聞いていないと思われると、信頼関係を築くことはできません。
スムーズに良好な関係を築きたいのであれば、話す内容だけでなく話す時の姿勢にも気を配る必要があります。
これは周りの人を観察してみると良くわかります。
スポンサーリンク