手指爪 癖 しぐさ 心理

手指爪の癖やしぐさをもつ心理状態は、暇つぶしもあります

スポンサーリンク

手先は、何かの作業をする際に非常に便利な機能をもっています。
生活の中での使用頻度も高いですが、手持ち無沙汰という言葉がある様に、手に関するしぐさなどもあります。
 手指爪に関する癖、しぐさには、指の関節をポキポキ鳴らすというのがあります。
日常的に行われるのは、暇な時間をつぶす事に充てていると推察されます。
長い時間が空いたというよりも、ちょっとした暇な時間に、手指爪の癖、しぐさになっています。
この時の心理状態は、何か次に行う事を考えていたり、周囲を探るなどの気持ちが生じています。
 手指爪の癖やしぐさで、特に女性に多く見られる内容として、両手の指を折り曲げて、左右の爪を擦り合わせる行動があります。
手指爪の癖、しぐさのため、擦り合わせるとやや爪同士の擦れる音がします。
行う人の心理状態は、心の中が空虚になっている時に行う場合が多くなります。
つまり暇つぶしで行う時も多いですが、心理状態に不安を抱えた時にも、行う事があります。
心理状態で不安を感じている時には、手の位置が本人のからだ寄りの胸、鎖骨前辺りで行う事があります。
スポンサーリンク

 手指爪の癖やしぐさは、女性の場合、ネイルを施している人も多く、手先の印象などが気になるというケースも多く見られます。
中には、親指から小指までを順番に付け根から指先へ向けて、マッサージの様な事をする人もいます。
行う人の心理状態は、やはり手指爪、つまり手先の綺麗さに対し、周囲の人の印象が気になっているといえます。
本人にしてみると、自然と無意識に行う癖やしぐさになっていますが、手先に関する美意識をもっている心理状態です。
 手指爪に関する癖、しぐさで多いのは、男女共に爪を噛むなどの行為です。
こどもの頃に行う場合も多いですが、成人してから、社会人になってからも癖が抜けない人がいます。
やや不安な心理状態が読み取れますが、周囲を窺っている状態でもあります。
例えば、何かを行う順番などが、自分に迫ってくる様な時にも見られる動きでもあります。
心理状態に緊張からくる不安な気持ちがあったり、前の人の行動を、爪を噛みながらじっと観察する様な態度が見られます。
スポンサーリンク